2006/8/5 土曜日

第3回「科学工作教室」アンケート結果

第3回「科学工作教室」アンケート結果

【17名より回答】   

■コース別参加者

Aコース「飛ばして楽しむおもちゃを作ろう!」          6名
Bコース「自分の部屋が大宇宙?プラネタリウムを作ろう!」 7名
Cコース「金属をめっきした葉脈標本で”しおり”作り!」    4名

■今回の全体の面白度は  86.7%でした。

コース別 面白度 Aコース 84.2%
            Bコース 96.4%
            Cコース 76.7%

※面白度とは・・・0~100%の中で面白さを数値表現してもらいました。

■面白かった事・楽しかったこと事は?

Aコース
ブーメランを飛ばし、回る原理を知り楽しかった。
・自分でブーメランとか作ったり、飛ばしたりしたのが楽しかったです。
・自分で作ったブーメランや飛行リングが思ったより飛んで面白かった。
・ブーメランがもどってきて面白かった。リングが思った以上に飛んで面白かった。
・飛行リングがよく飛んだのがすごかった。
・ブーメランを作ったりとばしたこと。

Bコース
・星座などが本当に見れてビックリしました。ホッチキスでたくさんとめたのが面白かったです。
・自分で作ったプラネタリウムがついた時は嬉しかった。
・筒を作るのが面白かった。
・プラネタリウムが作れて良かった。
・最後に自分で作った物が見れたので楽しかったです。北極星、カシオペア座、北斗七星も教えてもらえて良かったです。
・プラネタリウムを作ったことが楽しかった。
・銅線をつけたりするのが楽しかった。

Cコース
・銀・銅のメッキをつける所です。
・葉脈に金をはりつける所。
・金でメッキしたりしたこと。
・葉肉の部分だけを落とす時。葉脈の色がついた時。

■難しかったこと・理解できなかったこと事は?


Aコース
・作るとか図面を見てやるのがたいへんで難しかったです。
・ブーメランの羽や飛行リングの形の調節が難しかった。

Bコース
・材料を切るのが少し難しかったです。
・組み立てがはやく次にすすんでしまうので、ついていくのが大変だった。
・ホッチキスで1つ1つとめていくのが難しかった。
・プラネタリウムを組み立てるのが難しかった。
・特にありません。とても分かりやすかったです。

Cコース
・先生がしっかり教えてくれたので、ないです。
・葉脈だけを残して葉肉をとるのが難しかった。
・メッキのこと。

■その他 今回の感想


Aコース
・もっと飛ばす時間を長くして欲しい。
・友だちとかで遊んだりブーメランのこととか教えて楽しかったです。
・Aコースは知らない人ばかりだったけど、だんだん仲良くなれた。ブーメランや飛行リングの飛ぶ仕組みが分かって良かった。
・ブーメランがうまく出来なくて残念だったけど飛行リングはうまく出来た。
面白いのを作れて良かった。

Bコース
・説明や進んでいくのがはやくて、ついていくのに遅れてしまいました。家に帰ってから夜やってみたら本当に自分の部屋なのか分からなくなるほどきれいでした。
・作り方は難しかったが、しっかりプラネタリウムが出来てよかった。
・一生懸命作って星をうつしたら、とってもきれいだったので感動しました。
・またプラネタリウムを作りたい。もっと星のことを知りたいです。
・プラネタリウムが自分の手で作れたのはとても嬉しかったし、家で見ると上手に作れていたので良かったと思います。
・プラネタリウム、家でもぜひやってみたいです。
・ホッチキスでフィルムをつけるのが大変だった。

Cコース
・しおりがうまく出来るか心配していたけどちゃんと出来たので良かったです。
・銅をはるのに青色の液体を使うとはれることが分かってとっても勉強になりました。
・またこんなことが出来たら良いと思います。
・金属の液をつけた葉がちゃんとついていて、きれいについていた。金をつける時に光ってとけた時すごかった。ちゃんとついていたのもすごかった。

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URI

現在コメントフォームは利用できません。

HTML convert time: 0.106 sec.
塩尻商工会議所 こども科学探検団 係 Tel:0263-52-0258 Fax:0263-51-1388