2006/12/10 日曜日

第10回 「塩尻の伝統と歴史にふれる ~ 伝統工芸の体験 ~」アンケート結果

第10回 「塩尻の伝統と歴史にふれる ~ 伝統工芸の体験 ~」(2006/12/9 Sat)

【15名より回答】

■専門高校生による成果発表見学会の面白度は  72.0%でした。

■伝統工芸の面白度は   90.7%でした。

■今回の全体の面白度は  87.2%でした。

※面白度とは・・・0~100%の中で面白さを数値表現してもらいました。

 

■面白かった事・楽しかったこと事は?


・いろいろな発表をやっていて見ていても面白かった。
・伝統工芸の事を色々知れた。
・うるしのそうを、ピューとはぐところが楽しかった。
・絵をほるところが楽しかった。
・きれいに金がぬることが出来た。
・専門高校生の成果発表の「イブニングドレス制作」に興味を持った。あと、線をみて走るロボットがおもしろかった。
・しっきでほる時、がんばってほれてよかった。お店見学でいろいろなしっきがみれて楽しかった。
・いろいろな発表をやっていて見ていても面白かった。ものを見て楽しかった。
・ほるのが楽しかった。
・ほるところが楽しかったです。いろいろ表現できたり、自分でかいたのでよかったです。
・ロボットを動かすのが面白かった。作るのが楽しかった。
・自分の作品をもち帰れた事。
・板にほった絵がうるしと金できれいにうつるようになったのが楽しかったし、嬉しかった。
・ロボットが自分でうでたてなどをするのが面白かった。
・うるしの板にススキをほるのが楽しかった。
・けずるのが楽しかった。

■難しかったこと・理解できなかったこと事は?


・沈金刀をつかうのは初めてだったのでほるのが難しかった。
・ほる時の力の強さの調節が難しかった。
・ノミでほること。
・専門高校生の発表で、説明してもらったけどよくわからないことがあった。
・いくつか分からないところがありました。
・ほるところがすごくむずかしくて、手がかたくなってしまった。
・ノミでけずるのがたいへんだった。
・総合教育センターの見学の時、何をしたののかよく分からない所があったので難しかった。
・ほるのが難しかった。
・のみの持ちかたが難しかった。
・うまくほそい糸みたいにするのがむずかしかった。

■その他 感想等


・沈金刀を使うのは難しかったけど、うまくできてよかった。
・昔からつづいている事の体験が出来てよかったです。
・高校生の発表会はちょくせつ動かしてくれて、伝統工芸で作った物はすごくきれいにできてよかったです。
・しっきがきれいにできた。
・伝統工芸はよかったのでまたやりたい。
・けずるのはたいへんだったけど、楽しかった。専門高校生の成果発表をみて高校生って色々なことをやっているなと思った。
・たのしくて面白かったです。
・伝統工芸体験とっても楽しかったです。
・いままではハイテクの技術をまなんでいたけれど、こういうものもいいなと思ったです。そしてほるのが楽しく親しみやすいからいいなと思いました。ほるのも楽しく、むずかしくなっている。
・ノミでけずるのがたいへんだったけど、できた時うれしかった。
・伝統工芸を改めて学べてよかったです。
・集中して、楽しくできたのでよかった。
・ほるのが難しかったが、うまくできた。
・長野にはうるしのような美しい文化がたくさんあるのでそういうのを世界に広めていきたいと思った。
・きれいにできてよかった。

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URI

現在コメントフォームは利用できません。

HTML convert time: 0.135 sec.
塩尻商工会議所 こども科学探検団 係 Tel:0263-52-0258 Fax:0263-51-1388