2007/3/4 日曜日

☆★★☆☆ こども科学探険団に参加しての感想文 ☆★☆☆★


6年生 男子

この全10回のこども科学探険団で学んだ事はすごくたくさんでした。一回目の初めての探険団でもたくさんのことを見たり、聞いたり、学んだりしてなにも知らなかったことや、これからこういうものが家で使えるようになればなということがたくさんありびっくりしたことでした。そして,何かを作るというのもやってリモコンで動かなかったけれど作って、できあがるときの喜びをしりした。また他にも物作りなどをしてその中であった不思議なことなど調べたいなと興味をもちました。そしてそういうハイテクな物でもなく木曽しっきのこともあらためて知ってこういうものも大切にしていなくてはならないと板をほっているときに思いました。そして最後にお世話してくださった方々ありがとうございました。またこの探険団が5年後・・・と続けていってほしいと思ってます。

6年生 男子


ぼくは、子ども科学探検団に、じぶんからではなく、親にすすめられて参加しました。でも、この講座に参加して、いろいろな物を作ったり、科学の技術を知ったりして、とても楽しかったです。そして、何よりも、新しい友達がたくさんできたのが、一番うれしかったです。参加できない日もあったけど、次の講座が、とても楽しみでした。探検団で学んだことは、これからもしっかり覚えておき、将来に役に立てて生きたいです。
 中学生の講座があれば是非参加したいと思っています。

5年生 男子

この科学探険団の1年間は良い思い出になって、色々勉強になった。一番楽しかったのは、プログラミング教室。でもと中で、天道虫がうまく動かなくて、最初から作ることになるトラブルがあったけど、作り直したら、思いどおりに動いてうれしかったです。一年間で教わった事、出来るようになったことを未来にいかしていきたいです。

6年生 男子

最初入るときは不本意でめんどくさかった。第1回目も第2回目もいろいろあっていけなくて、どんなかんじでやるかわからなかった。しかしリモコンみたいに光で電波を送ってそれによって、送られたものは反応して動いたなどと、どういう仕組みだかわかることができたりするなどと、普通はあまりしれないこともわかることができて、家の親もやったことのないことも体験することができ、作った物ももらえるから入ってみてよかった。思い出に一番のこったのは最後の電子おみくじとけんびきょうで、まずめったにみれない火山灰を見せてもらって、水をつけてつりみたいにつったりしてそれをもらえたり、おみくじではラジコン・光で音をだすのでつかったたんだこてをして、すぐにできあがるから一番よかった。こうしていろいろ体験をすることができたりしたから入ってみてよかったと思う。

5年生 男子


ぼくは、今年度のこども科学探検団をやらせてもらって、ぼくはこんな事を思い出しました。
 まず、6月に色々な事を聞いたときは「以下の科学はここまで進んでいるんだ。」と思いました。8月,9月,11月1回にラジコンや蓄音機やザリガニロボットなどをはんだ付けで作ったときは、鉄を溶かしながら作るのが楽しくて、コツコツやれて、完成したときは、たっせい感が体にたちこめて、早速やりたくなってました。けど、蓄音機とラジコンははんだ付けが不じゅうぶんだったりして、今は使えません。でもザリガニロボットはまだ使えます。11月2回のプログラミングでは、あまり上手くなかったのか、レースでは2回とも記録なしでした。10月の時計は、一番上手にできて今も使っています。12月の伝統工芸はあまり上手くはできなかったけど記念にのこりました。楽しかったです。
(※9月は蓄音機ではなく、光を使って音を飛ばす、光送受信機を作りました)

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URI

現在コメントフォームは利用できません。

HTML convert time: 0.122 sec.
塩尻商工会議所 こども科学探検団 係 Tel:0263-52-0258 Fax:0263-51-1388