2007/6/19 火曜日

第1回「ロボット教室 ~迷路を脱出せよ!~」in信州大学工学部

Filed under:平成19年度活動報告 — admin

平成19年度のこども科学探検団が始まりました。
今年度は、全6回の開催となり、第1回が6月16日(土)に開催されました。
当日は、商工会議所で開講式を行い、長野市の信州大学工学部へバスで移動しました。

こども科学探検団 ロボット教室 全員で記念撮影 信州大学工学部にて記念撮影(各写真をクリックすると拡大します)
信州大学工学部情報工学科情報セキュリティ研究室で不破教授のご指導のもと、レゴのロボットを操り迷路を脱出するプログラムをこども達で作成し、迷路を脱出するゲームで競い合いました。

当日の様子
小学校の授業参観日と重なり、22名のこども達が参加しました。
開講式の様子バス出発前に、塩尻商工会議所にて開講式を行ないました。
こども科学探検団 開講式こども科学探検団 開講式こども科学探検団 開講式 一人一人に団員証を備前工業副委員長より渡しました。

 

こども科学探検団 信州大学工学部へ向うバスでのクイズ大会バスの中では、恒例(?)のクイズ大会です。

こども科学探検団 ロボット教室説明こども科学探検団 ロボット教室説明 信州大学の不破教授よりお話と岡崎教授より迷路を脱出する方法について説明を受けました。
また、今回の迷路脱出のルールの説明がありました。
こども達2~3名でチームを作り、チーム対抗戦で時間を競い合います。
先生役の学生さん(お兄さん)は、1チームに2~3名の体制で教えていただきました。

こども科学探検団 ロボット教室 プログラム作業こども科学探検団 ロボット教室 プログラム作業こども科学探検団 ロボット教室 プログラム作業 PCを用い、迷路を脱出するプログラムを各々が考えロボットに転送します。
ロボットを実際の迷路で動かしてみて、迷路を脱出プログラムをこども達が工夫して作成しました。
学生はPCの使い方や、アドバイスのみを行い、実際のプログラムはこども達が考えてました。

こども科学探検団 ロボット教室 プログラム作業こども科学探検団 ロボット教室 プログラム作業こども科学探検団 ロボット教室 プログラム作業 試験迷路で試してみた結果を踏まえ、チームで作戦会議を行い、プログラムを開発しています。

こども科学探検団 ロボット教室 レゴの車のロボットこども科学探検団 ロボット教室 レゴの車のロボットこども科学探検団 ロボット教室 プログラミング作業 実際のロボットとプログラム開発画面です。レゴの製品ですので、
プログラムもブロックを繋げるように開発していきます。

こども科学探検団 ロボット教室 お昼の風景こども科学探検団 ロボット教室 お昼の風景お昼は、お兄さんと一緒に頂きました。

こども科学探検団 ロボット教室 プログラミング作業午後は、まず迷路を完成させて、ゲームのルールの説明です。
迷路脱出ルートをロボットが完全に通らず近道をしてしまうとペナルティ(時間)がつきます。

こども科学探検団 ロボット教室 プログラミング作業こども科学探検団 ロボット教室 プログラミング作業こども科学探検団 ロボット教室 プログラミング作業
こども科学探検団 ロボット教室 プログラミング作業
こども科学探検団 ロボット教室 プログラミング作業こども科学探検団 ロボット教室 プログラミング作業こども科学探検団 ロボット教室 プログラミング作業 実際の迷路を用い、プログラムの最終調整を行ないます。

こども科学探検団 ロボット教室 プログラミング作業こども科学探検団 ロボット教室 プログラミング作業こども科学探検団 ロボット教室 プログラミング作業こども科学探検団 ロボット教室 プログラミング作業
こども科学探検団 ロボット教室 チームで迷路を脱出する時間を競い合いましたさあ、皆が見ている中での、競技開始です。

いよいよ優勝者の発表です。こども科学探検団 ロボット教室 表彰式こども科学探検団 ロボット教室 表彰式優勝はCチームでした。

こども科学探検団 ロボット教室 表彰式こども科学探検団 ロボット教室 表彰式準優勝はDチームでした。

こども科学探検団 ロボット教室 表彰式第3位はBチームです。

こども科学探検団 ロボット教室 全員で記念撮影 最後に、皆で記念撮影です。

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URI

現在コメントフォームは利用できません。

HTML convert time: 0.121 sec.
塩尻商工会議所 こども科学探検団 係 Tel:0263-52-0258 Fax:0263-51-1388