2008/10/11 土曜日

第3回「スクイークによるプログラミング教室と梓乃森祭探検!」

Filed under:平成20年度活動報告 — admin

こども科学探検団 の23名のこども達と、保護者,御家族の方19名が、
松本大学の協力のパソコン教室にて「スクイークによるプログラミング教室」を行いました。

当日の様子(9:40-12:15+0:45)

スクイークの指導は、松本大学 室谷 心 教授にお願いをしました。
こども達、保護者の方も一緒にスクイークを勉強します。 
p1110377.jpg4-23-3  
3-4スクイークを立ち上げると、何も無い白い画面です。
この何も無い世界に、新しい命を授けるモノ(オブジェクト)を画面に描きます。

3-243-253-263-27 学校でPC授業があるようで、こども達は難なくPCの操作をこなしてしまいます。
車、クワガタ、トンボ、蝶、先生はてんとう虫でした。

3-73-83-93-53-63-11 一生懸命描いたオブジェクトを画面内で動かしたり、音を出したりと色々なメソッドの操作方法を学びます。オブジェクトの右と左に、触覚(センサー)を取り付けます。
この描いたセンサーに指令を与え、オブジェクトの動きをコントロールします。

世界にめがねのような8の字の道を作ります。オブジェクトがこの道を落ちないで進むようプログラムをしました。 
3-123-133-143-153-173-173-183-193-20
左右のセンサーを使って、どうしたら道から落ちないかを考えます。
右のセンサーが道に当たったら、オブジェクトを右xx度をyy秒間回転しながら前進するプログラミングです。

スクイークと格闘中のこども達です。保護者の方も、こどもと一緒にスクイークに格闘です。

3-283-293-303-313-323-333-343-353-373-383-393-403-413-363-423-433-443-454-463-473-483-493-503-51
室谷先生や、アシスタントの学生さんも、こども達をサポートしました。 
最後は、自宅でも遊べるように、スクイーク本体と作ったプログラムをCD-ROMに入れて持ち帰りました。
室谷先生の計らいで、こども達に梓乃森祭の屋台村で使えるチケットをいただきました。
プログラム教室が終わり、ここで一旦解散となりました。

保護者と一緒に来ていただいた御家族は、当日開催さている学園祭 ”梓乃森祭”を探検して帰りました。
バス組みの6名の子供は、学生さんが引率者となり、梓乃森祭の探検を行いました。
3-213-223-233-23
室谷先生からいただいたチケットで、焼きそば、お好み焼き、ワッフルなど購入しました。
学園祭を満喫しました。

ご協力をいただきました、松本大学のHPです。
 松本大学

コメント (1) »

  1. 第3回「スクイークによるプログラミング教室」 アンケート集計…

    第3回「スクイークによるプログラミング教室」 (2008/10/11 Sat) 
    【23/23名より回答】
    ■今回の面白度は 88.3% でした。 
    ■面白かった事・楽 (more…)

    トラックバック by 塩尻市こども科学探検団&科学探検団NEXT — 2009/1/9 金曜日 @ 10:15:42

コメント RSS トラックバック URI

コメントをどうぞ

HTML convert time: 0.139 sec.
塩尻商工会議所 こども科学探検団 係 Tel:0263-52-0258 Fax:0263-51-1388