2009/10/10 土曜日

第3回「スクイークによるプログラミング教室と梓乃森祭探検!」

Filed under:平成21年度活動報告 — admin

こども科学探検団 の12名のこども達と、保護者,御家族の方7名が、
松本大学の協力のパソコン教室にて「スクイークによるプログラミング教室」を行いました。
213-1 当日の様子(9:30-12:00+1:00)
213-42213-4213-3 スクイークの指導は、松本大学 室谷 心 教授にお願いをしました。
学生さん5名もお手伝いいただきました。
こども達、保護者の方も一緒にスクイークを勉強します。 

213-5213-6213-7 スクイークを立ち上げると、真っ白い画面(世界)となり、未だ何もありません。
スクイークを立ち上げると、こども達は、神様となり、この何もない世界に、てんとう虫を描きます。

213-8213-9213-10 学校でPC授業があるようで、こども達は難なくPCの操作をこなしてしまいます。
てんとう虫には触覚をつける事が指示されました。このセンサーで左右をコントロールします。
てんとう虫に名前をつけ、動き(スクリプト・命令)を与えます。

213-12213-12 音が鳴るを選ぶと、いろんな音が鳴りました。次は、「進める」を選び、世界の時計を動かします。
時計が動くと、時間が進み、てんとう虫が画面の中を走り回ります。

213-13213-11 てんとう虫の大きさを調整し、画面(世界)の中で上手に動けるようにします。
時計を動かしてもまっすぐ進むだけですから、世界の壁(画面の淵)に突き当たってしまいます。
「右に回転する」の命令を追加して、てんとう虫を世界の中で時計回りに回して見ました。

213-15217-16 213-16213-18 このまま右回りだけではなく、世界に道を作り、てんとう虫に道に沿って動く様に教えます。
ここで、てんとう虫作成の際、指示された触覚センサーを使います。
画面の世界に楕円の道(枝)を作ります。この枝を落ちないように、左カーブを教えます。

You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
てんとう虫に、「左の触覚センサーが、道の上に掛かれば、左へ曲がれ」と指示を与えます。
校庭のトラックの様な道の上(枝の上)をてんとう虫が走ります。
どの様なスピードで、どの位曲がるかなど調整をします。

213-19213-21 213-22213-23 次に、トラックを8の字にします。一度道を消して、世界にめがねのような8の字の道を作ります。
てんとう虫がこの8の道を落ちないで進むようプログラムをしました。

You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

スクイークと格闘中のこども達です。保護者の方も、こどもと一緒にスクイークに格闘です。

You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

室谷先生や、アシスタントの学生さんも、こども達をサポートしました。
最後は、自宅でも遊べるように、スクイーク本体と作ったプログラムをCD-ROMに入れて持ち帰りました。
室谷先生の計らいで、こども達に梓乃森祭の屋台で使えるチケットをいただきました。
プログラム教室はここで一旦終わり、解散となりました。
保護者と一緒に来た子供達は、当日開催さている学園祭 ”梓乃森祭”を家族で探検して帰りました。
バス組みの5名の子供は、学生さんと一緒に梓乃森祭の探検を行いました。

213-34213-35213-36 213-37213-38213-39 213-40213-41 室谷先生からいただいたチケットで、牛串、わたあめ、たこ焼き、射的など食べたり遊んだり。。
こども達も学園祭を満喫しました。

ご協力をいただきました、松本大学のHPです。
 松本大学
第3回アンケートへ

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URI

現在コメントフォームは利用できません。

HTML convert time: 0.129 sec.
塩尻商工会議所 こども科学探検団 係 Tel:0263-52-0258 Fax:0263-51-1388