2010/11/23 火曜日

平成22年度こども科学探検団 終了後のアンケート(保護者編)

問8 参加される前後を比較し、お子様が理科、算数、工作に対して興味がましたなどの傾向がみられましたか?

受験生の姉がいるのですが、進路選択にあたり、もし自分ならばこちらの学校へ行きたいと言うようになりました。また、そのためには今からどうするべきか、親子で話すきかっけができました。お父さんと一緒に参加することも多くあり、父子関係が深くなった様に思います。2人で陶芸教室へ行ったいりもしていました。学校では選択算数では1つ選んで学んでいるようです。

燃料電池が興味深かったのか、一研究の題材にしていました。化学反応や時計の仕組みなども分かり勉強になったようです。

理科の考え方、算数の答えの導き方が少し変わった様な気がします。また工作に今までない工夫をする様になったと思います。

CD(スクイーク)で持ち帰った日 さっそく家でも試していました

回を重ねるごとに興味がわいてきたと思われます。

特に時計を作った時は、難しかったけれど時計のしくみがわかって楽しかったと話していました。

算数はよく分かりませんが・・・理科工作は以前にも増して興味を持ったようです。

この体験が学業の方に反映されるかは・・・?ですが、ものづくりの楽しさは味わったようなので、今すぐでなくても、いつかこの経験を思い出して活かしてもらえたらと思っています。
「自分で時計が作れた!」等自信につながったような気がします。

工作は今まで以上に興味をもてたようです。理科や算数の勉強に対する態度は、あまり変わっていませんが、もっと興味がもてるきっかけになってくれればと思ってします。

もともと 理数系な得意な方なのであまり変化は見られませんでした。ただ、工作に関しては、自分で考えて工夫にてできるように少しなったかと思います。

もともと理科(とくに実験)は好きなのですが、第2回時計つくり・第3回燃料電池の作成・第4回歯科材料での模型つくりを体験した時は大変興奮していました。ものづくりを楽しみながら学べたと思います。

もともと理科が大好きなのでその興味は続いてると思います。

もともと理科や工作は好きな方でしたが、高度な技術にふれる事が出来より新たな楽しさもみつけられたように思います

今のところ変化なし
わからない
特に変わった様子はないです。
特に感じられません

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URI

現在コメントフォームは利用できません。

HTML convert time: 0.117 sec.
塩尻商工会議所 こども科学探検団 係 Tel:0263-52-0258 Fax:0263-51-1388