2010/11/23 火曜日

平成22年度こども科学探検団 終了後のアンケート(保護者編)



問9 今後のこども科学探検団の活動に対し、実際に参加されたお子様の保護者として期待されることはありますか?

3年前に兄を参加させていただきました。その時よりも充実した内容(誰でも楽しめる)になっているように思います。とても満足しました。

今までにブームですが、親子で参加できる工場見学とか普段見ることのできない「ものづくり」の現場を「見せる」講座

学校での授業の延長みたいに今講座でやっている事は、授業でやってきた事どの部分につながっているんだよ、みたいな事や説明などあると学校で理科や算数に興味がわくのではないかと思いました。

高校大学ではいろんな事も学べて楽しいという事が実際に体験できてとても良かったのでまた学校にでの講座があれば期待します

工場見学

今年の内容が良かったと思います。普段出来ない経験は楽しいです。工場見学などもおもしろいかもしれません。

子供たちのみ参加、親子OKの参加バランスはとても良かった思います。(送迎バスも助かりました)今後も今年のような密度の濃い講座を期待しています。

生物や自然体験の講座があってもいいと思います

ただ単にものづくりというだけでなく、その体験1つ1つに対する目的を明確にしてほしいのと、製造分野だけでなくもっと様々な分野の体験学習をさせて頂ければありがたいなと思います。

同席する機会があまりできなく、内容を全て理解できてはいませんが、「何故そうなるのか?」といった原理に興味をもてるような講座にしていただけると良いと思います。

なぜか“はんだづけ”がおもしろいと子どもが言っているので内容がいいと思います。

文化祭の探検が3回もあり(各学校の特色などあり)文化祭巡りは満喫できました。物づくり(企業の)はセイコーエプソンの1回だけでしたのでもう1回ぐらい何か、増やしていただけたら・・と思いました。

もう少し実験みたいな体験もさせてあげたいです。例えば液体窒素の実験のような・・・。○○小学校開放講座の理科実験では定員40名のところ満員になるほど大人気です。

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URI

現在コメントフォームは利用できません。

HTML convert time: 0.113 sec.
塩尻商工会議所 こども科学探検団 係 Tel:0263-52-0258 Fax:0263-51-1388