2011/8/2 火曜日

第3回 「ガンプラを作る工場を見に行こう!」

Filed under:平成23年度活動報告 — admin

こども科学探検団の22名が静岡市にあるバンダイホビーセンター【ガンプラ工場!】へ見学に行きました。

当日の様子(9:00-13:30-16:30-19:20)
前日の夜に静岡県沖を震源とする地震があり、静岡市では震度5弱を記録しました。
出発の前に見学可能かの連絡をし「見学は可能」の確認が取れたので、予定通り塩尻市を出発しました。
バンダイホビーセンター様も大きな被害を受けてなく良かったです。
こども科学探検団バスの車中の様子
片道4時間のバスの旅、塩尻~甲府南~朝霧高原~静岡市に入りました。
途中富士川SAで、昼食。
雨が降っていなかったので、眺めの良いSAの公園で昼食をとりました。
しかし、曇っていたので、「富士山」は見えませんでした。

こども科学探検団 You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
昼食を早々に食べ終え、休憩時間を有意義に過ごしていました。

バンダイホビーセンターに、予定より早めに到着したのにかかわらず、ご好意でセンターの中に入れてもらいました。
こども科学探検団さっそく中を探検します。

初めは、1Fロビーにある、歴代バンダイ製品の展示ルームを見学。
こども科学探検団こども科学探検団こども科学探検団こども科学探検団こども科学探検団こども科学探検団
ガンプラを中心に年代別に製品が展示され、日本のプラモデルの歴史を垣間見る事ができます。
また、アーカイブス展示もあり、木製の原型や設計図面なども見ることができました。

こども科学探検団こども科学探検団こども科学探検団こども科学探検団
こども達は、お姉さんに質問をしたり、聞いた事をメモにとったりと熱心に見入っていました。
3F会議室に移動、最初にバンダイホビーセンターを紹介するビデオを見ました。

こども科学探検団こども科学探検団こども科学探検団
このビデオでは、プラモデルが完成するまでの過程、工場の環境への取り組み等日本のモノづくりの最先端技術が紹介されました。

こども科学探検団こども科学探検団こども科学探検団こども科学探検団
お姉さんより、 多色成形がもたらす日本のモノづくり技術の説明です。
「一度に4色の違う色を一緒に成形したり、違う硬さのプラスチックで高度な成形技術を用い、よりリアルなプラモデルが作られているのです」と実際の製品を用い説明していただきました。
ランナーから切り離すだけで関節が可動するフレームになったり、 アニメ設定そのままの色を製品状態で再現することを可能しています。
例えば、エヴァンゲリオンの腕は、違う硬さの材料を使って作られているため、アニメのように関節部分が自由に曲がります。

こども科学探検団こども科学探検団こども科学探検団 また、工場にあるレーザー加工機を用い、宇宙戦艦ヤマトの1/350のキャラクターのフィギアや、世界一小さい1/400のフィギアの紹介など、細かく精度の高い加工技術の説明もありました。

3Fフロアーの見学です。ここには、設計&CAMルーム、光造型室、製品設計などがあります。
社員の方は、宇宙連邦軍の様なユニホームを着ており、まるでホワイトベースの中にいるようでした。
(新製品の開発等もあり、写真はさすがに禁止でした)。
また、奥には、光造型機があり、3Dプリンタより試作品が製造される様子も見られました。

2Fフロアーは、プロモーションルームです。
実際の模擬店舗のように商品を陳列した様子が見られます。
こども科学探検団 (但し、実際の販売はしていませんでした。)

こども科学探検団こども科学探検団こども科学探検団こども科学探検団こども科学探検団こども科学探検団こども科学探検団 成形機械の見学です。
4台の機械で、プラモデルを作っていました。
展示コーナーには実際の金型が置かれ、金型がどのように作られるか。また金型よりプラモデルがどのように作られるかをやさしく解説しています。
こども科学探検団 「赤いザク」をモデルとした自動搬送機も一瞬見れました。(仕事が3倍早いと言われているそうです。)

3F~2F,1Fのロビーへ戻り、再度バンダイプラモデルの展示ブースの見学です。

こども科学探検団こども科学探検団 プラモだけではなく、鉄道模型や他のアニメのキャラクターも展示されています。

こども科学探検団最後は来場の記念撮影

こども科学探検団 帰りもガンダムのファーストビデオを見て家路につきました。
往復8時間のバスの旅でしたが、映画の3本目は途中までしか見ることができませんでしたので、続きは是非お家でご両親、ガンプラを作りながら見てください。

今回、大変お世話になりました、バンダイホビーセンター様のHP

バンダイホビーセンター - BANDAI
バンダイホビーセンター 司令官の宇宙日誌〜Space diary of the captain〜に掲載されたこども科学探検団の記事

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URI

現在コメントフォームは利用できません。

HTML convert time: 0.113 sec.
塩尻商工会議所 こども科学探検団 係 Tel:0263-52-0258 Fax:0263-51-1388