2011/8/7 日曜日

第3回「ガンプラを作る工場を見に行こう!」 感想文

参加した22名の内、21名のこども達から当日の感想文を書いてもらいました☆

『ガンプラ工場見学』
小学5年生 男子
工場見学はこれで二回目です。でも、小さい時だったのでそんなに覚えていませんでした。でも今回は知るためにノートを持ってメモをした。まず「エコ」について、ホビーセンターに着くとかべには、とてもたくさんのソーラーパネルが付いていてこんなに付いているのは初めて見ました。もう一つは一番すごいなーと思った物です。いらないプラスチックを細かくしとかす、そしてプラモデルにする物です。てんじされていたのは真っ黒でカッコ良かったです。次は「働いている人」です。みんな制服がアムロ達が着ている物でいいなぁーと思いました。肩の黄色の線は、えらさを表しているらしく星もあるそうです。次は「ガンプラ」その物です。リアルに再現する事を考えているそうです。しかも品を運ぶのが無人のシャアモデルのフォークリフトです。ガンプラはすごい!と思いました。


『夢だったガンダムの聖地』
小学6年生 男子
静岡県バンダイホビーセンターに行き見学をした。
ガンダムの聖地なだけあり「機動戦士ガンダム08小隊に出てくる「グフカスタム」や「EG8」など様々なモビルスーツやジオラマがあった。近くに「仮面ライダーオーズ」や「仮面ライダーダブル」のフィギュアがあり「さすが聖地なだけある」と改めて思った。2階の方には、まだ売られていない「ダンボール戦機ジョーカー」があり近くに「インビット」など2階にもたくさんガンプラなどがあった。
工場には、ガンダムの「シャアザク」や「ザクⅡ」そっくりな機械があった。
他にも2階には、百式カラーの自転車やバンダイで作られたゲームがたくさんあった。
(つれてきてくれたみなさんありがとうございます)

『バンダイホビーセンター』
小学5年生 男子
バンダイホビーセンターに見学にいって凄かったと思う事や感心した所が3つありました。
一つ目は、ガンプラのこうぞうです。昔のガンプラは、今と違ってせっ着ざいが無いと作れなかったのですが、今はせっ着ざいが無くても部品を付けられたり、始めから色が付いてたりして便利になったなぁと思いました。
二つ目は、試作品作りです。昔は木を彫って作ったので大変時間が掛ったのですが、今は光を当てると固まる材料で作るので時間が短く出来たので、昔と全然違ってすごいと思いました。
3つ目は、生産量です。1980年に誕生したガンダム以来約25年でおよそ3億7000万個も生産されてきたのですごい量だと思いました。
ガンプラは苦労して作った物だと思いました。

『バンダイで学んだ事』
小学5年生 男子
今日は、静岡県のバンダイホビーセンターの見学をしました。
僕は、バンダイホビーセンターに行くのは初めてなのでどう言う所が知りません。だからワクワクしていました。
そしてホビーセンターに着いて見たらソーラーパネルがいっぱい付いていてびっくりしました。その後ホビーセンターの人が、「雨水を地下から屋上に水を上げてトレイに使っている。」と言っていました。
工場では、5つの事が行われていました。開発、試作、金型加工、金型仕上げ、生産があります。開発では、どんなガンプラを作るかを考え、出来たガンプラをパソコンで形を作ります。次にその決まったガンプラのもけいを作っていきます。その次に3Dデータを基にレーザー光線で金を加工します。そして金型にアーク放電という電気の力でプラモデルの形を彫り込んでいきます。そして作られた金型の細かい部分を職人さん達が丁寧に仕上げて行きます。金型を機械にセットして材料を溶かして流し込むと僕達の買っているガンプラになるそうです。僕はプラモデルにこんなに手間をかけて作っているなんて知らなかったです。良い勉強になって良かったです。

『ガンプラ工場見学』
小学5年生 男子
こども科学探検団でガンプラ工場見学へ行きました。静岡県まで行くので長旅になりました。バスに乗りガンダムのアニメを見ながら工場へ行きました。
1階のフロアで僕が目にしたのは、ガンダムのおもちゃが木で出来ている物でした。木のガンダムは、とてもきれいで印象に残りました。工場内を見学すると5つの工程があり、どんなガンダムを作るか会議で決めてそれを3Dデータで試作品を作り、金型を作ってプラモデルの形を彫り込んで作り、その型に材料を流し込み、箱詰めされます。
僕は、前ガンプラを作りました。そのパーツは、きっとこの工場で作っているもなんだと思い、感げきしました。5つの工程は、とても大変そうな感じがしたけれどパーツを作る所は、面白かったです。工場見学は楽しかったです。

『ガンプラの工場見学の感想』
小学6年生 男子
僕は、楽しかった事や面白かった事がいっぱいあります。その中の3つを書きます。
一つ目は工場の中の2階のかべとトイレの中の模様と便器の色が面白かったです。それはトイレの中の模様は何かホワイトベースに乗っている様な感じでした。2階の壁もそんな感じでした。便器はガンプラの色でした。赤と黄と白でした。壁も便器も面白かったです。
二つ目は、1/1コアファイターです。僕は、「1/1はでかいなー。」と思いました。それと墜落している所をかざってあったから、すごかったです。後、コアファイターに付いているモニターが砂嵐になっていた所もすごくリアルだったです。
三つ目は、ザクのフォークリフトにはおどろきました。「バンダイだからそこまでこだわるかよ。」と思いました。初めて見た時は、めっちゃびっくりしました。

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URI

現在コメントフォームは利用できません。

HTML convert time: 0.116 sec.
塩尻商工会議所 こども科学探検団 係 Tel:0263-52-0258 Fax:0263-51-1388