2014/10/19 日曜日

平成26年度こども科学探検団 終了後のアンケート(保護者編)



問9 今後のこども科学探検団の活動に対し、実際に参加されたお子様の保護者として期待されることはありますか?

3ヶ月で6回はとても短くて残念です。1年かけてもっとやってほしいです。今年6年なので、今回と同じ講座はもう来年は受講できないので、中学生でも受講できるもっとハイレベルな講座or今回の続きの講座をやってほしいです。今までに受講した子供なら、すでにラズベリーパイをもっているので、受講費をもっとテキストやハイレベルな内容のために使って、次の講座を希望します。

あっという間でした。子どもも「もう終わり!?」という感じでした。期間を延ばすことは、内容等もあり大変かもしれませんが、もう少しやってもらえるとありがたいです。

宇宙の事、星の事、日食&月食、地球の事、そんな講座はいかがでしょうか

化学実験などは面白いと思います。ロボットもいいですね。

継続して実施いただければ幸いです

ゲーム操作は夢中になるのですぐ覚えますが、文字入力など基本の部分も学べるといいなと思います。

現在、小6なので、中学生向けの講座でないと参加できませんが、基礎力アップにつながる“化学系”の講座などあれば面白いと思います。

子供のパソコン教室で、OFFICEの使い方等を教えてほしいです。

今回の講座でプログラミングの入り口に立てたという感じ。いただいたパソコンを今後家で使っていけるかと考えると少し不安。(親の知識もあまりないですし…)今回の講座を終了した子どもたちが、より知識を深められるような講座が開かれるとよいと思います。

今回のようなパソコンを使用した講座を充実させてほしい。かんたんなロボット制御の基礎講座。

コンピューター、OS、インターネットの基礎が楽しく、わかりやすく学べる講座を開催して欲しいです。また親子で参加できる内容だとよいかと思います。

先にも書いたが、「科学」と言うにふさわしい内容にして欲しい。

探検団が終わった後も。自分で楽しめるような講座、簡単なPC用プログラムとか、家庭でできる実験とか。

中学生になったらRubyの講座を受けさせようと思っています。(塩尻市はこのような取り組みをやっているので、とても有り難いです。)

月1回ないし2回程度で、一つの会場にとどまるのではなく、色々な場所で、幅広い体験をできる活動がいいと思います。

「動く」ものづくりを体験させたいと思います。今年度の様なソフトウェアも、継続していただけると、さらに嬉しいです。難しいですが、ちょっとしたアクチュエーターを使って、動くものを作ってみる、など。

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URI

現在コメントフォームは利用できません。

HTML convert time: 0.130 sec.
塩尻商工会議所 こども科学探検団 係 Tel:0263-52-0258 Fax:0263-51-1388