2015/8/22 土曜日

27年度第3回 「Scratchでプログラムのしくみを知る」2015/08/22(Sat)

Filed under:平成27年度活動報告 — admin

3回目のこども科学探検団は「Scratchでプログラムのしくみを知る」です。

今回はブレッドボードやLED、人感センサーといった新たなアイテムを使用してプログラムのしくみを勉強していきます。

こども科学探検団

まずは機器の接続をしていきます。

準備も2回目となると、こどもたちも慣れた様子でどんどんと準備をしていきますね。

今回、こどもたちに自宅でScratchをやってみたか聞いてみると半数の8名の子が自宅でも遊んでくれたようです。

こども科学探検団
また、前回のこども科学探検団で作ったオリジナル時計をつけてきてくれる子もいました。

こうして手に入れたアイテムを活用してくれるのは事務局としては嬉しいものです。

こども科学探検団
早速、ラズベリーパイとブレッドボードに線をつないでLEDを光らせてみましょう。

ラズベリーパイから電気をもらって光らせるイメージです。

ラズベリーパイが電池の役割をしていますが、この状態ではずっと光りっぱなしになってしまいます。

こども科学探検団こども科学探検団こども科学探検団こども科学探検団
次にスイッチをつけて、オン・オフをできるようにしていきます。

線を増やしてスイッチをブレッドボードに取り付けると、スイッチを押すことによりLEDがオン・オフできるようになりました。

こども科学探検団こども科学探検団
さて、ここでScratchからLED点滅の動作を制御していきます。

プログラムを組み立てて点滅するようにしていきます。

こども科学探検団こども科学探検団
明るさを変えたり、ネコの動きに合わせて明るさが変わるようにプログラムをしていきます。

こどもたちは色々な数値を入れて、どのような点滅になるか試していました。

こども科学探検団こども科学探検団
Scratchでの動作の制御を覚えたら、人感センサーをLEDと連動させていきます。

人感センサーは人の動きを赤外線を使って温度変化で検知します。

こども科学探検団
センサーをつなぎ、検知したらネコを動かすプログラムを作ります。

センサーがオンのときはネコが動き、オフのときは止まるようにプログラムしていきます。

このプログラムができたらLEDと連動させます。

センサーを検知したらLEDが光るように改造し、そこからさらに動きを変えていきます。

こども科学探検団こども科学探検団こども科学探検団こども科学探検団
ネコの動きを変えたり、色を変えたり…

LEDと連動してネコが動くのが面白かったようで、こどもたちは思い思いにプログラムしていました。

また、自宅でも数値を変えたりと色々いじって遊んでみてほしいですね。

こども科学探検団
最後に図書館の方からラズベリーパイの参考書籍の紹介がありました。

せっかくこども科学探検団でラズベリーパイを学んでいるので、自分たちでもっとたくさんのことを調べてラズベリーパイに親しんでもらえるといいなぁと思います。

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URI

現在コメントフォームは利用できません。

HTML convert time: 0.104 sec.
塩尻商工会議所 こども科学探検団 係 Tel:0263-52-0258 Fax:0263-51-1388