2016/7/23 土曜日

28年度第1回 「ラズベリーパイをさわろう!」 2016/07/23(Sat)

Filed under:平成28年度活動報告 — reporter1

今年もこども科学探検団が始まりました。小学5、6年生を対象に9月の初めまで、全5回のカリキュラムです。昨年と同様に、ものづくり教室「世界で一つだけのオリジナル時計を作ろう!」とRaspberryPi(ラズベリーパイ)を使ってプログラミングとハードウェア制御を体験します。

カリキュラム
期待と緊張が入り混じる第1回目の今日は、16名の仲間が参加してくれました。

開校式
「最近夢中になっていること」を聞いてみると…「パソコン動画を見ること」というこどもがたくさんいましたね。みなさん日常的にパソコンに触れているようです。他には「宇宙の本を読む」「手芸」などなど、好きなことをインターネットで調べて、どんどん自分の興味を深めていってほしいと思います。

講師はCode for Shiojiriのみなさん。こども科学探検団の卒業生もサポートに駆けつけてくれました。
Code for Shiojiri

今日の課題はラズベリーパイにキーボードやマウスを接続して、Scratchを使ってネコとネズミのゲームを作ります。ひとりひとりラズベリーパイを受け取って組み立てていきます。

先生
準備9準備8ラズベリーパイ準備3準備10準備6
ラズベリーパイとディスプレイを接続したら、電源を入れてファイルシステムの設定をします。突然表示された英語にみんなドキドキ。パスワードを入力するところで、自分で入力した文字が画面に表示されないことにみんな苦労していました。何度かトライしてログインできた時の嬉しそうな顔。

設定準備7準備8準備11 設定が終わると無事ラズベリーの絵が表示されました。「英語で設定」という作業に緊張してたのか、「はあ~」というため息があちこちから聞こえてきましたよ。ここからはいつものパソコンのようにマウスで操作をしていきます。

ラズベリー
初めにブラウザを起動してインターネットのサイトを見てみます。いつもお家で見ているページが表示されて、思わずバンザイしたこどももいました。ラズベリーパイの画面と操作に慣れるために、お絵かきソフトを使って自由に絵を描きます。みなさんなかなかのセンスです。

そしていよいよお楽しみのScratchに取り組みます。Scratchは、たくさんの命令ブロックをパズルのように組み合わてプログラムを作る、教育用の言語です。今回はネズミとネコが追いかけっこをするゲームを作っていきます。

Scratch1
画面にネコを登場させて、命令のブロックを使ってゆっくり歩かせたり早く走らせたり。ネコの動きに合わせてあちこちから歓声が聞こえてきます。背景に絵を表示させると一気にゲームらしくなりました。

Scratch2
ここで先生からひとこと。「 ブロックを組み立てて実行する前に、どんな動きをするのか考えてみよう。 」先に頭の中で動きを予想することはとても大切で、第3回目で学ぶ「Python」プログラミングのための練習になるんですね。

夢中になってScratchに取り組んでいます。

Scratch3Scratch5Scratch6Scratch4
さて、今日はここまで。最後に塩尻市立図書館の方から、ラズベリーパイやScratchについての本の探し方を教えていただきました。

図書館の説明
おうちでもゲームの続きを楽しんでくれるといいですね。 みなさん、お疲れさまでした。

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URI

現在コメントフォームは利用できません。

HTML convert time: 0.128 sec.
塩尻商工会議所 こども科学探検団 係 Tel:0263-52-0258 Fax:0263-51-1388