2016/8/6 土曜日

28年度第3回 「Scratchでプログラムのしくみを知る」 2016/08/06(Sat)

Filed under:平成28年度活動報告 — reporter1

こども科学探検団の3回目は「Scratchでプログラムのしくみを知る」です。前回組み立てたRaspberryPiにLEDのランプや人感センサーを追加して、プログラムからパーツの動きをコントロールする仕組みを学びます。

今日追加するさまざまなパーツです。

パーツ人感センサーLED組立1
新しいパーツを受け取ります。興味津々。

パーツ1パーツ2パーツ3
「LEDのプラスとマイナスを間違わないように」「1番の端子は電源なのでここは最後に接続しよう」といった先生のアドバイスを聞きながら、RaspberryPiとブレッドボードをつないでいきます。


組立2組立3組立4Scratch15Scratch15Scratch15
こどもたちはRaspberryPiにすっかり慣れたようすで、今日はとても作業が早いです。自分のパーツの組み立てが終わって他のこどもの手伝いをしている姿もちらほら見られました。

スイッチをオン・オフしてLEDが光ることを確認したら、プログラム作りを始めます。前回と同じようにネコを動かすプログラムを作り、ブレッドボードのスイッチでネコが動くように作り替えていきます。

Scratch11Scratch12Scratch13Scratch15
だんだんプログラムが複雑になっていきますが、こどもたちは楽しそうに取り組んでいました。好きなように数字や見た目を変えて、プログラムを変えるとLEDの光り方が変わることを自分の目でたしかめて理解してくれたようです。

続いて人感センサーが反応するとLEDが光るプログラムを作ります。自動ドアが反応するしくみや、トイレの明かりがしばらくすると消えるしくみと同じことだと知って、プログラム作りにも気合が入ります。

Scratch152016080619.jpgScratch15Scratch15
最後にRaspberryPiに入っている色々なアプリの紹介をしていただきました。自分で好きなアプリを選んで動かしてみます。こどもたちにはゲームが大人気ですね。

Scratch15Scratch15Scratch15
次回は 「Python」を使って本格的なプログラムに挑戦します。お疲れさまでした。

You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URI

現在コメントフォームは利用できません。

HTML convert time: 0.132 sec.
塩尻商工会議所 こども科学探検団 係 Tel:0263-52-0258 Fax:0263-51-1388