2017/6/17 土曜日

科学探検団NEXT(シーズン9) 「Scratchでプログラミング」 第1回 2017/6/17

Filed under:平成29年度活動報告 — reporter1

今年も科学探偵団NEXTが始まりました。今年は6月17日(土)と6月24日(土)の2日間でScratchを使いプログラミングについて学びます。

20170617_001.JPG
講師は現役のソフトウエアエンジニアの北島さんと、アシスタントの男性3名です。

今回参加してくれたのは中学1年・2年生の7名です。過去に、科学探偵団NEXTやこども科学探検団へ参加していた子が多くノートPCを操作する姿が頼もしい!!

まず初めに”プログラミングをめぐる状況”、”プログラミングって何だろう?”、”さまざまなプログラミング言語”といった最近の状況について「ゲーム好きな人?」、「どのゲーム機を使っているの?」などのやり取りを交えつつ勉強しました。
10分の休憩後は実際にScratchを使った演習です。

20170617_002.JPG 20170617_003.JPG 20170617_004.JPG
まず、おさらいも兼ねた「跳ね返るボール」という簡単なプログラムを作ります。

子供たち、効果音やキャラクターなど自分なりにアレンジして完成させていました。

次は「かけっこ」という、演習へ挑戦します。

「かけっこ」は「猫と犬がそれぞれ2つのキー操作で進み右端に着いたら”GOAL”」という仕組み(仕様)ですが、Scratchで実現するには工夫が必要になります。

子供たちは苦戦しつつも講師やサポーターの方へ質問しながらプログラミングを完成する事が出来ました。

※この演習では、同じ動き(プログラム)を1つにまとめる「共通化」や、「変数」というプログラミングには欠かせない考え方も教わりました。
20170617_005.JPG 20170617_010.JPG 20170617_009.JPG
20170617_008.JPG 20170617_007.JPG 20170617_006.JPG 20170617_011.JPG
次は、今回の講座の最終課題「何か1つオリジナルのゲームを考えよう!!」へ挑戦です。
まずは、Youtubeで懐かしいゲーム動画を見ながら画面制御(縦スクロール型、横スクロール型、奥行きのあるスクロール型)の仕組みを勉強してから、それぞれが作りたいゲームについて考えスケッチブックへ書き込みます。
書き込む作業では、直ぐに考えついた子・時間いっぱい悩む子・思いつかない子など様々でしたが皆の前で発表するときには、自分の意見をきちんと伝えることが出来ていました(書けなかった子は、講師とのやり取りの中でヒントを見つけていたようです)

新しい物を自分で考えたり、紙に書いて発表することはとても難しいことですが、実際のプログラミングでは大事な作業になります。

20170617_012.JPG 20170617_013.JPG 20170617_014.JPG
20170617_015.JPG 20170617_016.JPG 20170617_017.JPG
20170617_018.JPG
次回(6/24)では、考えたアイデア(仕様)をプログラミングで実現し発表します!!

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URI

現在コメントフォームは利用できません。

HTML convert time: 0.136 sec.
塩尻商工会議所 こども科学探検団 係 Tel:0263-52-0258 Fax:0263-51-1388