2018/3/30 金曜日

平成29年度こども科学探検団 終了後のアンケート(保護者編)



問7.今回参加するにあたり保護者として、事前にこども科学探検団へ期待していたことはありますか?
また、その期待に対し、受講結果をどのように感じましたか?

プログラミングについて、親が教えてあげることができず、子ども達も基本となる知識もなく参加させていただきました。スタート時はイメージなく始めたためか?「なんだかわからない・・・」という場面もありましたが、受講が進むにつれ作り上げる楽しさや達成感が感じられるようになってきました。帰宅後、家で作り上げたこと、教えていただいたことを見せてもらうのが私たちは嬉しく感じ、参加させていただいて良かったと思っております。

“プログラミング”を知るきっかけになれば良いと思っていました。夢中になりました。「簡単なゲームでも作るのは面白い」と言ってやっていました。弟も一緒に受講させてもらえてありがたかったです。弟も毎回講座を楽しみにしていました。

Eテレでプログラミングの番組を見ていて、自宅のパソコンで少しはやっていましたが、今回こども科学探検団に参加させていただき、更にプログラミングに興味が持てるようになりました。

子ども自身が工作好きなので、楽しく出来ればと思って参加させました。本人は楽しんで参加できたようです。数理的な部分は後からついてくれば良いのかなと思っています。

この科学探検団を知る前に我が家で「ラズベリーパイ」の話題になっていてタイミング良く学校からのおたよりでラズベリーパイにさわれるとわかったので申し込みました。特に亮介はずっと期待していたので大満足でした!!帰ってくると必ずテレビにつなげてスクラッチをしていました。オリジナルのゲームも音楽をつけて作成し、今も楽しんでいます。

今回の講座を通して、科学技術に対して興味を持つきっかけになってくれればと思い参加させました。講座を終えると「楽しかったよ」「今回はこんなことをやったよ」等、話をしてくれました。家庭で体験させるには無理があったことを体験させていただき感謝しています。

スクラッチの様なGUIを介したプログラミングに親しむことで、機械がステップを正しく踏んで動いていることに気付いてほしいと思っていました。はるか以前のBASICに較べてスクラッチは小学生にも導入しやすいと感じました。

特に何か期待してというわけではなく、これだけの体験をとても安くできることが魅力的でものづくりに対して少しでも興味が湧いてくれたら良いなと思いました。全体を通して楽しめたようだったし、家でもラズベリーパイをテレビにつないでみたり、父と一緒にやってみたり、興味が湧いたかなぁと思いました。自分で作った時計もお気に入りの様で良かったと思います。

パソコンやプログラミングの世界を知る触れる体験することで、知らないから苦手でなく知って興味を持ってほしいと思いました。いろいろな装置を使って親では教えられないことをいっぱい教えていただけたと思います。盛りだくさんのありがたい機会でした。

本人や親、学校でも調べたり教えてもらうことがない技術に触れ、それを通して身近にある様々な物のつくりや動きに少しでも興味を持ってくれたらと思い、参加させました。プログラミングが難しかったと言っていましたが、家でもテレビにつないでロボットを動かした見せてくれたり、家にあるPCのソフトや普段から遊んでいるテレビゲームのソフトのつくりに興味を持ってくれたようで、今までとは少し違った見方をするようになったみたいです。

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URI

現在コメントフォームは利用できません。

HTML convert time: 0.133 sec.
塩尻商工会議所 こども科学探検団 係 Tel:0263-52-0258 Fax:0263-51-1388