2018/8/3 金曜日

30年度 第2回 「世界に一つだけのオリジナル時計を作ろう!」アンケート結果

【15名より回答】

■今回の面白度は  91.3% でした。

■面白かった事・楽しかった事

・こまかい作業をしたことが楽しかったです。はりを自分で組み立てることがおもしろかったです。
・すごいむずかしい所まではいかないけど、少しむずかしい所をがんばってやってできたときが楽しかったです。
・段々と完成に近づいてくるところ。難しい所ができた時のたっせい感。
・時計作りをしたこと。
・時計の組み立て、理由、時計の内部を知ることで、時計の精密さに感動できたから。
・ねじの取り付け。
・針をのせるのがとっても楽しかった
・秒針を入れて動くようにしてもらった時「時が刻まれてる!」と思って大変楽しかった。
・部品がぴったり合うのが気持ち良かった。時計にちかづいてく時に「できる」と思って楽しくなった。
・ぼくは細かい作業が好きなので、部品をくみたてるところが面白かったです。
・自分で作った時計が動いた事
・ピンセットでネジや細かい部品をつまんで型に入れたこと。時計をながめたこと。
・組み立てるのをとちゅうからできたこと。
・時計の仕組みが少しだけ理解できたこと。
・電池を取り付ける感覚が気持ちよかった。

■難しかったこと・理解できなかった事

・こまかいビスをとめるのが難しかったです。
・全部の部品の取り付け。
・時計の針をはめるとこと。
・ねじを入れることがむずかしかった。
・秒針を入れるときになかなか中心の所に入らなかったのでむずかしかったです。
・秒針を付ける所
・秒針をつけるところが全然つけられなくてむずかしかったです。ピンセットでネジをとるのがうまくとれなくて苦戦しました。
・秒針を取り付けるのが難しかった。
・秒針をのせるのがとても難しかったです。
・秒針をはめたこと。バンドをつけるところ。内のカバーをつけるところ。
・秒ばりをいれること。
・部品が小さくて組み立てるのが大変だった。
・部品をしっかりとはめるのが難しかった。はりを12時ぴったりに合わせるのが難しかった。
・難しかったのは、回路を入れる時、手がふるえてしまったのでそこが一番難しかった。
・もう少しゆっくり説明してもらわないと、話の要点を考えるひまがなくて、右から左になってしまう(涙)

■その他(感想等)

・うで時計を作るのは初めてなので、少しきんちょうしていたけど、少しやったら楽しくなってきたので、少しスムーズにできました。むずかしかったところは何個かあったけど全部できたのでよかったです。
・おもしろかった。
・”オリジナル時計を作る事が出来て良かったです。
・次回のプログラミングも楽しみです。”
・時計をつくる会社で時計をつくることができて、良い経験ができました。
・とっても楽しくて時計のしくみが分かって働いている人たちはこれを何十個も作っているなんてすごいと思った。
・とても自分でできたという感じがあり、楽しく時計のことが学べてよかった。エプソンの名前の由らいかエプソンについてなんて考えたこともなかったけど「へぇ~」とエプソンについて考えることができておもしろかった。
・とても楽しく学べて良かったし、時計の組み立てることの難しさも理解できて良かった。
・とにかく細かい作業が多かったが、サポートもしっかりしていたのでまたやりたい。
・なかなかうで時計を作ることがないので楽しかったです。だいたい、最初から最後までどうやって作っているのかが分かったのでよかったです。
・ねじや部品が小さくてびっくりした。
・初めて時計の内部を見ることができた。たくさんの部品があっておどろいた。お父さんの会社がこんなことをしてすごいと思った。今日作った時計をたくさん使いたいと思った。
・秒針を取り付けるのがすごく難しかったです。
・ピンセットをつかってやる、細かい作業で大変だったけど時計のしくみがわかったのでよかったです。
・むずかしいこともあったけど、とても楽しかったです。
・難しかったけど面白かった

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URI

現在コメントフォームは利用できません。

HTML convert time: 0.143 sec.
塩尻商工会議所 こども科学探検団 係 Tel:0263-52-0258 Fax:0263-51-1388