2014/10/20 月曜日

平成26年度こども科学探検団 参加者からの感想文

「子ども科学探検団に参加して」(小5)
わたしがおうぼしたきっかけは、お兄ちゃんが、子ども科学探検団に参加して作ってきた物を、使ってみて、とても楽しいと思ったからでした。今年のラズベリーパイという機械を使うのは、少しむずかしくて、プログラムがどうなっているのかや、どんな仕組みかよくわからなかったりもしたけど、最初から最後まで、係の人などがちゃんと説明してくれて、分かりやすく楽しくできました。わたしは、プログラムをかくのがおそかったので、速くうてるようになりたいです。あと、ラズベリーパイを、子ども科学探検団だけでなく、学校の夏休みにでた自由研究にも使って、人をかんちするセンサーをつくれてよかったです。今年の子ども科学探検団が、とてもおもしろかったので、家でもたくさん使いたいです。

「こども科学探検団に参加して」(小6)
ぼくは、ゲームをどのようにしてつくっているのか、などが知りたくて入ったけど、思っていたよりもとても難しくて、ゲームをつくる人、ラズベリーパイをつくった人がとてもすごいと思いました。カメラも全部機械でキーボードを打ってやっていることを初めて知り、とても良い体験になりました。ふつうはできないことなので、すごく良いことが学べたし、設計の仕事(コンピューターで)をやっているお父さんはすごいんだなぁ、と改めて感じることができました。ぜひ、来年も参加したいです。打つ速さも、日に日に上がっていったので、将来にも活用できると思いました。コンピュータについて、すごくおく深く知れて、とても良い経験になって良かったです。ゲーム以外のこともたくさんしれて、うれしかったです。

「こども科学探検団に参加して」(小5)
わたしがこども科学探検団に参加して一番楽しかったのは、第五回の「Rubyプログラミング教室(ゲームを作ろう!)」です。なぜなら、プリントに書かれた、線を引いてある文を全部パソコンに記入するのは、とても大変でした。でも、助けてくれた人達やレベルができあがるごとに、ゲームが出てきて、楽しいので、やる気もアップしました。二番目に楽しかったのは、第四回の「Scratchでハードウェアせいぎょ(2)/MinecraftでScratchプログラミング」です。なぜなら、ブロックを置いたり、ちょっとむずかしかったけれどおうちを作ったり、楽しかったです。またできたら来年も参加してみたいなと思いました。とてもいろいろな体験をして、パソコンの使い方が分かったし、と~っても、楽しい一年間でした。ありがとうございました。

「こども科学探検団に参加して」(小6)
パソコンに見えないような小さなラズベリーパイでゲームをつくったりスイッチや光とつなげたり色々なことができて楽しかった。そして、ラズベリーパイでできることはまだまだたくさんあるので、色々ためしてみたい。スクラッチはたくさんブロックを組み立てると重くなっておかしくなるけれど、ルビーやパイソンはそんなことないらしいので、ルビーやパイソンを使いたい。けれども、ルビーやパイソンはスクラッチと違って難しいので少し勉強してルビーとパイソンを使えるようにしたい。こども科学探検団で色々新しいことを知った。前からプログラミングしたいと思っていたけど、どうすればいいのか分からなくて、こども科学探検団で少し分かった。そして、マインクラフト結構面白かったし、こども科学探検団に参加してよかった。
(くわしく見る)


2014/10/19 日曜日

平成26年度こども科学探検団 終了後のアンケート(保護者編)

保護者の方からも、こども科学探検団終了後に全体アンケートを頂き、16名の保護者から回答を頂きました。

問1.今回の参加は、お子様からの希望ですか、保護者側からの希望でしたか?

こども科学探検団
こどもからの希望が26%例年に比べ低い傾向でした。
逆に、保護者の希望が74%と高い傾向でした。

問2.保護者からみて今回の企画への満足度はいかがでしたか?
(くわしく見る)


2014/10/18 土曜日

平成26年度こども科学探検団終了後のアンケート(こども編)

お子様に「こども科学探険団に参加して」の感想をお聞きしました。
ご協力ありがとうございました。

年間アンケート<こ ど も 編> 回答数18名(1名未回答)
問1.参加して、面白かった講座ベスト3を集計しました。

こども科学探検団 【画像をクリックすると拡大します。】
こどもの回答で、一番面白かった講座と回答したテーマに対し、1回答3点とし、二番目を2点、三番目を1点と加点してグラフを作りました。
皆が高得点を付けた第4回「Scratchでハードウェアを制御(2)」と、第6回「カメラを使った画像処理プログラミング」でした。
特に、第4回が人気なのは、後半MinecraftをインストールしてScratchでのプログラミング(でも、ゲームで遊べた)からではないでしょうか。
二番目のWebカメラを使ったプログラミングは、ゲームをせず純粋な講座で、カメラを自分で操作する内容でこども達もワクワクした感が講座を行っているのを見学し実感しました。
三番目は、第5回「Rubyプログラミング教室」もシューティング系のゲームを作る内容なので、人気が高かったです。しかし、なれない英字や記号をキーボードから入力する集中力がいる内容で、講座終了後の面白度は低い結果となりました。
逆に、第2回「Scratchでプログラムのしくみを知る」は、面白度は高いのですが、終了時の全体のBest3投票は少ないです。これは第2回~第4回までScratchを使った講座の初回であり、PKゲームを作ったのですが、全6回から見ると、印象が少なかったのかなと事務局では分析しました。
また、今年も全6回の皆勤賞も14名いましたし(表彰はしていませんが…)、保護者の見学も多く、全6回とも見学された保護者の方もいました。

問2.こども科学探検団に参加して理科・図工・算数が参加する前に比べ好きになりましたか? (くわしく見る)


2014/9/8 月曜日

26年度第6回 「カメラを使った画像処理プログラミング」 アンケート結果

【17名より回答】

■今回の面白度は  93.8% でした。

■面白かった事・楽しかった事

・カメラ、カシャカシャボタンを押すのが楽しい。
・カメラで遊べたこと。
・カメラでうごかすのがたのしかった
(くわしく見る)


2014/9/7 日曜日

H26年度こども科学探検団修了式

Filed under:平成26年度活動報告 — admin

26年度第6回 「カメラを使った画像処理プログラミング」 2014/09/06(Sat)の講座の後、団員18名の修了式を開催しました。
こども科学探検団
修了式の様子(16:20-16:30)

3か月間全6回がんばったこども達に、塩尻商工会議所工業委員長でもある、信陽(株)小野社長より修了証を授与しました。

こども科学探検団
(くわしく見る)


2014/9/6 土曜日

26年度第6回 「カメラを使った画像処理プログラミング」 2014/09/06(Sat)

Filed under:平成26年度活動報告 — admin

最終回のこども科学探検団は、ハードウェア制御です。
WEBカメラとRaspberryPiに接続し、Python言語で記述されたプログラムを作成し、カメラを作りました。
こども科学探検団こども科学探検団 当日の様子(13:30-16:30)
18名のこどもが前々回同様に、”CODE for Shiojiri“のメンバーの方に指導をいただきます。

(くわしく見る)


2014/8/24 日曜日

26年度第5回 「Rubyプログラミング教室(ゲームを作ろう!)」 アンケート結果

【17名より回答】

■今回の面白度は  85.3% でした。

■今までラズベリーパイを使って自宅で遊びましたか
 遊んだ 13名 遊んでいない 5名

■遊んだ人は何で遊びましたか
・今回の続きをやった
・最近作ったゲーム
・自由研究で人感センサーを作って遊んだ
・スクラッチ
(くわしく見る)


2014/8/23 土曜日

26年度第5回 「Rubyプログラミング教室(ゲームを作ろう!)」 2014/08/23(Sat)

Filed under:平成26年度活動報告 — admin

こども科学探検団 の18名のこども達が、塩尻オープンソースラボのご協力のもと、”Rubyプログラミング教室(ゲームを作ろう!)” を行いました。

こども科学探検団こども科学探検団
当日の様子(13:30-16:30)
今回は、塩尻オープンソースラボのメンバーの方に指導頂きました。
Rubyプログラムソースを自分のラズベリー・パイにコピーして、ラズベリー・パイ付属のLeafPadエディタでソースを追加し、ゲームを作ります。
先生が用意したRubyプログラムに、配布資料を見ながらソースを追加し、ゲームを完成させます。 (くわしく見る)


2014/8/10 日曜日

26年度第4回 「Scratchでハードウェアを制御(2)」 アンケート結果

【17名より回答】

■今回の面白度は  93.8% でした。

■今までラズベリーパイを使って自宅で遊びましたか
 遊んだ 17名 遊んでいない 1名

■遊んだ人は何で遊びましたか
・ゲームや遊べたりしていた
・スクラッチ
・スクラッチで遊んだ
・スクラッチでゲームを作った
(くわしく見る)


2014/8/9 土曜日

26年度第4回 「Scratchでハードウェアを制御(2)」 2014/08/9(Sat)

Filed under:平成26年度活動報告 — admin

4回目のこども科学探検団は、前回から引き続きハードウェア制御を前半行いました。
後半は、Scratchi特別篇としてMinecraftでScratchプログラミングを体験しました。

こども科学探検団
当日の様子(13:30-16:30)
17名のこどもが前回同様に、”CODE for Shiojiri“のメンバーの方に指導をいただきます。
(くわしく見る)


2014/8/3 日曜日

26年度第3回 「Scratchでハードウェアを制御(1)」 アンケート結果

【14名より回答】

■今回の面白度は  94.3% でした。

■面白かった事・楽しかった事

・LEDライトを操作した事
・LEDを作ってできたらライトが光った
・LEDをつけた事
(くわしく見る)


2014/8/2 土曜日

26年度第3回 「Scratchでハードウェアを制御(1)」 2014/08/2(Sat)

Filed under:平成26年度活動報告 — admin

3回目のこども科学探検団は、ハードウェア制御です。
スクラッチGPIO(ScratchGPIO)によるLチカやゲームコントローラー等を作りました。
当日の様子(13:30-16:30)

こども科学探検団
19名のこどもが前回同様に、”CODE for Shiojiri“のメンバーの方に指導をいただきます。

(くわしく見る)


2014/7/20 日曜日

26年度第2回 「Scratchでプログラムのしくみを知る」アンケート結果

【16名より回答】

■今回の面白度は  88.8% でした。

■面白かった事・楽しかった事

・色々なゲームが作れたこと
・ゲームの設定などが自分でできたから、みんなが3DSなどでやっているゲームみたいなものを作っている気分になった
・ゲームを自分で作ったことが楽しかった
(くわしく見る)


2014/7/19 土曜日

26年度第2回 「Scratchでプログラムのしくみを知る」 2014/07/19(Sat)

Filed under:平成26年度活動報告 — admin

2回目のこども科学探検団は、スクラッチ(Scratch)を使ったプログラミング教室です。
スクラッチ(Scratch)は、スクイーク(Squeak Etoys)をベースにMITで開発された小学生にも使える教育用のプログラミング環境です。
スクイークを使ったプログラミング教室は、過去のこども科学探検団でもH18~H22の5年間、松本大学の室谷 心 教授にお世話になりました。
今回は、前回組立を行い配布した、Raspberry Pi(ラズベリーパイ)でスクラッチ(Scratch)を動かします。

こども科学探検団当日の様子(13:30-16:30)

17名のこどもが前回同様に、”CODE for Shiojiri“のメンバーの方に指導をいただきます。

(くわしく見る)


2014/7/6 日曜日

26年度第1回 「ラズベリーパイを作ろう」アンケート結果

【18名より回答】

■今回の面白度は  83.9% でした。

■面白かった事・楽しかった事

・ゲームをインストールした事
・いろいろな事が分かっていい勉強になって楽しかった
・ゲーム
(くわしく見る)


2014/7/5 土曜日

26年度第1回 「ラズベリーパイをさわろう!」 2014/07/05(Sat)

Filed under:平成26年度活動報告 — admin

10年目となる今年のこども科学探検団では、19名の小学生5、6年生を対象に7月~9月まで6回 Raspberry Pi (ラズベリーパイ)を使った、プログラミングや電子工作を行います。
第1回目の「ラズベリーパイをさわろう!」では、Raspberry Piを組立、電源を投入し、ディスクトップ環境を操作するまでを行いました。

当日の様子(13:30-16:30)

開講式(13:30-13:40)
塩尻商工会議所の工業委員長である、信陽(株)小野社長より、開講にあたっての挨拶を頂き、今年度の始まりにあたり、団員証を一人一人に渡しました。

こども科学探検団こども科学探検団 こども科学探検団こども科学探検団こども科学探検団
(くわしく見る)


2014/5/26 月曜日

塩尻市こども科学探検団(10th Anniversary)募集案内

Filed under:平成26年度活動報告 — admin

こども科学探検団(10th) 募集案内

2014
◆ 目的
ものづくりの見学・体験を通じ、科学や工業を楽しみながら学んでもらいます。
実際にものを組み立ててつくったり、もののしくみを考えたり、
今までにやったことのないこと、知らなかったことが体験できます。
さあ、ものづくりの楽しさを最先端の科学技術を体験してみよう!

私たちの生活に深くかかわっているコンピュータですが、ハードウェアの高性能化とソフトウェアの抽象化が進み、深く理解していなくとも使えて便利になった反面、現在ではコンピュータを制御するための電子工作やプログラミングを体験する機会が少なくなった事も事実です。

Raspberry Pi(ラズベリーパイ)はラズベリーパイ財団が開発したハードウェア制御も可能な名刺サイズの教育用コンピュータです。このコンピュータを使って、子どもたちにコンピュータの基本知識と、プログラミングの技術を体験しながら学んでいくワークショップを行います。
◆開催内容
※ 各日程と内容について変更がある場合もございます。
※ 保護者の方にも見学ができます。
※ 参加者の保護者の方で当日のボランティアスタッフを募集します。

回数

日程

開催内容

第1回 7/5(土)
13:30~16:30
開講式/基板むき出しの本体と周辺機器をケーブルでつなげ、まずは自分の環境をつくります。そして便利なソフトをインストールして使ったりと自分で操り楽しみながらパソコンの基本を学びます。
第2,3,4回 7/19(土),8/2(土),8/9(土)
13:30~16:30
子どもたちや超初心者のためのScratch(スクラッチ)というパズル感覚でプログラミングができる環境を使い、簡単なゲームを作ったりしてプログラムの基本的な作り方を学びます。また、簡単な電子工作で回路を作りラズベリーパイとつなげてプログラムで制御することで、ハードウェアとソフトウェアの関わりを体験します。
第5,6回 8/23(土),9/6(土)
13:30~16:30
ラズベリーパイは本格的なプログラミング言語も使用でき、なかでも習得がしやすいとされるRuby(ルビー)やPython(パイソン)を使ってより高度なプログラムに挑戦します。さらに電子工作で作った回路をつなげて、より踏み込んだ応用的なソフトウェアを楽しみながら創っていきます。
◆会場  ウィングロード3階KADO研修室(こども広場の通路を挟んだ反対側になります。)
◆対象  塩尻市内在住の小学生5年生・6年生(両小野小学校の小学生も含む) (くわしく見る)

HTML convert time: 0.175 sec.
塩尻商工会議所 こども科学探検団 係 Tel:0263-52-0258 Fax:0263-51-1388