2016/3/21 月曜日

イチゴジャムで電子工作&プログラミングしませんか?

Filed under:平成27年度活動報告 — admin

塩尻市・信州大学 総合情報センターの主催により、イチゴジャムを使った電子工作&プログラミング講座が塩尻市で開催されました。
当日は、市内外から16名の小学生が体験しました。
ichigojam 当日の様子(13:00-16:00)

ichigojam 写真右側が完成版イチゴジャム(ichigojam)、左側は子供たちに配布したイチゴジャムの基板や電子部品です。
講座では、はんだごてで基板に電子部品を取り付け、イチゴジャムを完成させ、制作したイチゴジャムでプログラミングを勉強します。
「IchigoJam」は株式会社jig.jpがこどもの教育用パソコンとして開発したマイコンボードです。
キーボードとテレビに接続することで小型のパソコンとなる点が特徴です。
イチゴジャムは電源を入れると、BASICが起動し、プログラムの入力・実行できる小型のパソコンです。
信州大学の不破教授より、”イチゴジャムは1秒間に何回計算できるでしょうか?”とのクイズで”5000万回も計算できんだよ”の答えに、皆驚いていました。
(くわしく見る)


2015/10/29 木曜日

平成27年度こども科学探検団 参加者からの感想文

「こども科学探検団に参加して」(小6)
私が「こども科学探検団」に参加して思った事・感心を持った事は二つあります。
一つ目は、「ラズベリーパイ」への感心です。なぜかというと、私はあまり機械への接触がありませんでした。でもラズベリーパイは「スクラッチ」などのソフトがあります。なのでうまく使えばいろんなことに使えます。そのことに感心を持ちました。
二つ目は、「他の学校の人とふれあること」です。いつも私は学校がちがかったりすると人み知りしてしまいます。でも今回はちがいました。となりの子がラズベリーパイを持っていていろんな事を教えてもらったりして見知りしませんでした。なので私は自分から知らない人に話かけることも大切だと思いました。なので次にこのようなことがあったら自分から話しかけてみたいです。

「こども科学探検団に参加して」(小6)
今までは、ふつうのパソコンでScratchにアクセスしてプログラミングをやっていましたが、このワークショップに参加してからは、Pythonをよく使うようになりました。Pythonを知っただけではなく、Scratchの事もとても良く分かりました。LEDやカメラを使ってプログラミングをしてみたり、間ちがえた所はすぐに直せたりできてちゃんと動いた時はすごくうれしかったです。えんぱーくでやった後は、家に帰ってやった時もありました。
時計作りでは、とても細かい部品を一つずつはめていくのがとても大変でしたが、動いた時はうれしかったです。
家では、Pythonの事がのっている本を見てじゃんけんが出来るものを作ったり、BMI値を測定するものを作ったりしています。将来は、プログラムでだれかの役に立つ事をしてみたいです。

「こども科学探検団に参加して」(小5)
私は、こども科学探検団に参加してラズベリーパイのおもしろさを知りました。第1回の「ラズベリーパイをさわろう!」では、ラズベリーパイがどんな形をしているかがわかりました。ネコが命令どおりに動くことが面白かったです。第2回の「世界に一つだけのオリジナル時計を作ろう!」では、部品の組み立てが難しかったけど、自分のイニシャルを入れて完成したときはやったー☆という達成感がありました。そして、第5回「カメラを使った画像プログラミング」では、英語の文をかきました。すごく大変だけど、最後はLINE(ライン)みたいにメッセージ+コメントを加えて送信したので楽しくなってきました。他の人たちのコメントもすごく面白かった!!です。この5回の科学は勉強になったし、夏休みのいい思い出にもなったと思いました。勉強の成績が上がる為にもなるので、来年もぜひ参加したいです。

(くわしく見る)


2015/10/27 火曜日

平成27年度こども科学探検団 終了後のアンケート(保護者編)

保護者の方からも、こども科学探検団終了後に全体アンケートを頂き、14名の保護者から回答を頂きました。

問1.今回の参加は、お子様からの希望ですか、保護者側からの希望でしたか?

こども科学探検団
双方の希望が69%・こどもからの希望が31%となりました。
逆に、保護者からの希望はありませんでした。

問2.保護者からみて今回の企画への満足度はいかがでしたか?
(くわしく見る)


2015/10/26 月曜日

平成27年度こども科学探検団終了後のアンケート(こども編)

お子様に「こども科学探険団に参加して」の感想をお聞きしました。
ご協力ありがとうございました。

年間アンケート<こ ど も 編> 回答数14名(2名未回答)

問1.参加して、面白かった講座ベスト3を集計しました。

こども科学探検団
【画像をクリックすると拡大します。】
こどもの回答で、一番面白かった講座と回答したテーマに対し、1回答3点とし、二番目を2点、三番目を1点と加点してグラフを作りました。
皆が高得点を付けた第5回「カメラを使った画像処理プログラミング」でした。
特に、Webカメラを使ったプログラミングは、カメラを自分で操作する内容でこども達もワクワクした感が講座を行っているのを見学し実感しました。
(くわしく見る)


2015/9/7 月曜日

27年度第5回 「カメラを使った画像処理プログラミング」アンケート結果

【12名より回答】

■今回の面白度は  95.0% でした。

■面白かった事・楽しかった事

・カメラが写している画像を撮ること。
・カメラで撮って、その写真と文字を送るのが楽しかった。
・カメラを使っていろいろなことをしたこと。
(くわしく見る)


2015/9/6 日曜日

H27年度こども科学探検団修了式

Filed under:平成27年度活動報告 — admin

カメラを使った画像処理プログラミングの講座の後、団員15名の修了式を開催しました。
修了式の様子(16:00-16:10)

1か月間全5回がんばったこども達に、修了証を授与しました。
カメラを置いた場所が悪く、その瞬間は使えない映像でしたので、こどもの様子が見える前後を採用しています。

こども科学探検団こども科学探検団
この2枚のようにこどもが写らなかったのです。
だから、その前後で、許してください。 (くわしく見る)


2015/9/5 土曜日

27年度第5回 「カメラを使った画像処理プログラミング」 2015/09/05(Sat)

Filed under:平成27年度活動報告 — admin

最終回のこども科学探検団は、ハードウェア制御です。
WEBカメラとRaspberryPiに接続し、Python言語で記述されたプログラムを作成し、カメラを作りました。
こども科学探検団こども科学探検団
当日の様子(13:00-16:00)
15名のこどもが前々回同様に、”CODE for Shiojiri “のメンバーの方に指導をいただきます。

ステップ1.カメラ画像を表示

(くわしく見る)


2015/8/30 日曜日

27年度第4回 「ラズベリーパイでハードウェアを制御」アンケート結果

【13名より回答】

■今回の面白度は  88.5% でした。

■面白かった事・楽しかった事

・LEDが光ったとき。(100秒や0.0001秒など色々な秒にしてみました。)
・LEDを点滅させたり、早さを変えたりするのが面白かったです。
・Scratchよりも複雑に、色々なことができたので大変面白かったです。
(くわしく見る)


2015/8/29 土曜日

27年度第4回 「ラズベリーパイでハードウェアを制御」 2015/08/29(Sat)

Filed under:平成27年度活動報告 — admin

4回目のこども科学探検団は、ハードウェアの制御です。
こども科学探検団こども科学探検団
Pythonを使った本格的なプログラミングにより、LEDや人感センサーを制御しました。
当日の様子(13:00-16:00)

16名のこどもが前回同様に、”CODE for Shiojiri“のメンバーの方に指導をいただきます。

(くわしく見る)


2015/8/23 日曜日

27年度第3回 「Scratchでプログラムのしくみを知る」アンケート結果

【14名より回答】

■今回の面白度は  88.6% でした。

■面白かった事・楽しかった事

・LEDライトを光らせたり、消したりすることをScratchでプログラミングしたこと。
・LEDをつけたり消したりするのが楽しかった。
・LEDを点灯させたり、人感センサーを使ったりすることが楽しかった。
(くわしく見る)


2015/8/22 土曜日

27年度第3回 「Scratchでプログラムのしくみを知る」2015/08/22(Sat)

Filed under:平成27年度活動報告 — admin

3回目のこども科学探検団は「Scratchでプログラムのしくみを知る」です。

今回はブレッドボードやLED、人感センサーといった新たなアイテムを使用してプログラムのしくみを勉強していきます。

こども科学探検団
(くわしく見る)


2015/8/5 水曜日

27年度第2回 「世界に一つだけのオリジナル時計を作ろう!」アンケート結果

【14名より回答】

■今回の面白度は  95.0% でした。

■面白かった事・楽しかった事

・いろんな細かい部品を一つずつはめていくところ。
・外側の部分の組み立てが楽しかった。 (くわしく見る)


2015/8/4 火曜日

27年度第2回 「世界に一つだけのオリジナル時計を作ろう!」

Filed under:平成27年度活動報告 — admin

子ども科学探検団14名の子どもたちが、セイコーエプソンで「世界に一つだけのオリジナル時計を作ろう!」を行いました。先生とサポートの方を踏まえて時計作りが始まりました。

こども科学探検団 まずは、ピンセットを使ってネジをセットする練習から始めました。次に、ドライバーはどれだろう?と探す子どもたち。慣れないドライバーに苦戦しながらネジを締める、緩める練習をしました。

こども科学探検団 時計の中身は歯車が合わさってできています。磁石の逃げる力を利用して歯車が動きます。ピンセットを使い、コイルを組んでいきます。これにより、時計がチッチッと音を立て動き出します。子どもたちは時計を耳に当て、鳴るかな?と音を確かめていました。先生は子どもたちに「自分で観察してやってみる」「分からないことは聞くように」と伝えていました。それにより、子どもたちは積極的に「これでいいですか?」「出来ました!」と先生に確認していました。

(くわしく見る)


2015/8/2 日曜日

27年度第1回 「ラズベリーパイを作ろう」アンケート結果

【16名より回答】

■今回の面白度は  93.4% でした。

■面白かった事・楽しかった事

・Scratchが楽しかった。
(くわしく見る)


2015/8/1 土曜日

27年度第1回 「ラズベリーパイをさわろう!」 2015/08/01(Sat)

Filed under:平成27年度活動報告 — admin

11年目となる今年のこども科学探検団では、小学5、6年生を対象に8月~9月まで5回のカリキュラムを行います。今年は昨年好評だったRaspberry Pi (ラズベリーパイ)を使ったプログラミングなどに加え、オリジナル時計作りを行います。

第1回目の「ラズベリーパイをさわろう!」では、配線をし電源を入れ、デスクトップ環境を操作し、Scratch(スクラッチ)でのゲーム作りまでを行いました。

まずは今回の参加者である、こどもたち16名に自己紹介をしてもらいました。

自己紹介の際、こどもたちには「今、夢中になっていること」を言ってもらいましたが、今回は比較的女の子が多かったせいもあるのか、「バドミントン」などのスポーツに夢中になっているという子が多かったです。「ゲーム」と答える子が意外と少ないように感じました。

そして今回も昨年に引き続き講師をお願いします、”Code for SHIOJIRI”のみなさんの挨拶も終わり、カリキュラムスタートです!
こども科学探検団 (くわしく見る)


2015/6/10 水曜日

塩尻市こども科学探検団(シーズン11) 募集案内

Filed under:平成27年度活動報告 — admin

こども科学探検団(11th) 募集案内

こども科学探検団
◆ 目的
ものづくりの見学・体験を通じ、科学や工業を楽しみながら学んでもらいます。
実際にものを組み立ててつくったり、もののしくみを考えたり、
今までにやったことのないこと、知らなかったことが体験できます。
さあ、ものづくりの楽しさを最先端の科学技術を体験してみよう!

今年度のこども科学探検団は、例年好評をいただいていたものづくり教室「世界で一つだけのオリジナル時計を作ろう!」と、昨年に引き続き、RaspberryPi(ラズベリーパイ)を使った、プログラミング、ハードウェア制御をシリーズで開催します。

私たちの生活に深くかかわっているコンピュータですが、ハードウェアの高性能化とソフトウェアの抽象化が進み、深く理解していなくとも使えて便利になった反面、現在ではコンピュータを制御するための電子工作やプログラミングを体験する機会が少なくなった事も事実です。

Raspberry Pi(ラズベリーパイ)はラズベリーパイ財団が開発したハードウェア制御も可能な名刺サイズの教育用コンピュータです。このコンピュータを使って、子どもたちにコンピュータの基本知識と、プログラミングの技術を体験しながら学んでいくワークショップを行います。
◆開催内容
※ 各日程と内容について変更がある場合もございます。
※ ラズベリーパイシリーズは、保護者の方も見学ができます。

回数

日程

会場

内容

第1回 8/1(土)
13:00~16:00
市民交流センター
えんぱーく401
開講式/ラズベリーパイをさわろう!
参考記事 26年度第1回 「ラズベリーパイをさわろう!」
第2回 8/4(火)
13:00~16:00
セイコーエプソン(株)塩尻事業所 世界で一つだけのオリジナル時計を作ろう!
参考記事 25年度第3回 「世界に一つだけのオリジナル時計を作ろう!」
第3回 8/22(土)
13:00~16:00
市民交流センター
えんぱーく401
Scratch(スクラッチ)でプログラムのしくみを知る
参考記事 26年度第2回 「Scratchでプログラムのしくみを知る」
第4回 8/29(土)
13:00~16:00
市民交流センター
えんぱーく401
ラズベリーパイでハードウェアを制御する
参考記事 26年度第3回 「Scratchでハードウェアを制御(1)」 26年度第4回 「Scratchでハードウェアを制御(2)」
第5回 9/5(土)
13:00~16:00
市民交流センター
えんぱーく401
カメラを使った画像処理プログラミング/修了式
参考記事 26年度第6回 「カメラを使った画像処理プログラミング」
◆対象  塩尻市内在住の小学生5年生・6年生(辰野町在住の両小野小学校の小学生も含む) (くわしく見る)

HTML convert time: 0.187 sec.
塩尻商工会議所 こども科学探検団 係 Tel:0263-52-0258 Fax:0263-51-1388