2017/1/10 火曜日

平成28年度こども科学探検団 参加者からの感想文

「こども科学探検団に参加して」(小5)
今回こども科学探検団に参加した理由は、ラズベリーパイというよくわからないおいしそうな名前があったからです。最初に参加したときいろいろなひもやパーツがあって、「なくしたらどうしよう」とか思ったけどふつうにわかりました。良かったです。時計作りではちまちました部品がいろいろあって不器用な私にはいやだったけど作るのは楽しかったです。第四回目の「ラズベリーパイでハードウェアを制御」ってやつは文字が多くていやだったけどいつも学校から帰ったらパソコンでYouTubeみてるからうつのは意外となれてました。
こども科学探検団に参加していろいろなことを学べたので良かったです。

「こども科学探検団に参加して」(小6)
こども科学探検団に入団して思い出に残ったことがたくさんありますが、特に思い出に残ったことが二つあります。
一つ目は「世界で一つだけのオリジナル時計を作ろう」です。細かい部品がたくさんああって組立てるのが少し大変だったけれど、時計のしくみを知れたのでよかったです。
二つ目は「カメラを使った画像処理プログラミング」です。撮影写真とメッセージをサーバーで共有(クラウド)して、みんなとチャットみたいにして、とても楽しかったからです。
みんなでラズベリーパイでプログラミングしたりインターネットに接続したりしてとても楽しかったし、もっと機械が好きになりました。これからは、習ったことを活かしていきたいです。
ありがとうございました。

「こども科学探検団に参加して」(小5)
ぼくは、ラズベリーパイがどんなものかは、ぼくの父さんから、だいたいは、しっていたけどまさかこんなに楽しいとは思いませんでした。ぼくは最近ユーチューブにはまっています。そして今度はラズベリーパイで、いろんなことをチャレンジしてみたいです。時計作りは、ぼくは、時計を無くしてしまったので、とってもたすかりました。色ぬりや、部品を付けるのは、むずかしかったです。スクラッチは、前まで父さんのパソコンで何回かやったことがあったけど、ちゃんと話を聞いて作るのは、初めてで、思ったよりもずっと楽しかったです。それからぼくは、ラズベリーパイで、ユーチューブを作って、やったり見てみたいです。そしてラズベリーパイをしらない人ややり方がわからない人に、いっぱい教えたいです。図書館でもいろんな本を借りて、勉強しています。最後のカメラの画像処理は、日にちがわからなくなり出来なくなってしまいました。出来ることならやり方をおしえてもらいたいです。最後は、悲しかったです。だけどいろいろ楽しかったです。ありがとう。

(くわしく見る)


2017/1/6 金曜日

平成28年度こども科学探検団 終了後のアンケート(保護者編)

保護者の方からも、こども科学探検団終了後に全体アンケートを頂き、14名の保護者から回答を頂きました。

問1.今回の参加は、お子様からの希望ですか、保護者側からの希望でしたか?

塩尻市こども科学探検団
双方の希望が53%・こどもからの希望が26%となりました。
問2.保護者からみて今回の企画への満足度はいかがでしたか?
(くわしく見る)


2017/1/5 木曜日

平成28年度こども科学探検団終了後のアンケート(こども編)

お子様に「こども科学探険団に参加して」の感想をお聞きしました。
ご協力ありがとうございました。

年間アンケート<こ ど も 編> 回答数13名(4名未回答)

問1.参加して、面白かった講座ベスト3を集計しました。

塩尻市こども科学探検団
【画像をクリックすると拡大します。】
こどもの回答で、一番面白かった講座と回答したテーマに対し、1回答3点とし、二番目を2点、三番目を1点と加点してグラフを作りました。
一番面白かった講座と人数があったのが第2回「世界に一つだけのオリジナル時計を作ろう!」 でした。
腕時計作りは、例年こども達から評価が高く、人気の講座です。
ムーブメントから組み立て、時分秒針つける難しい作業もあり、講座終了後の面白度は低い評価でしたが、ものづくりの達成感は高いので、全体通してみると一番面白かったと評価されたと思います。
また、得点が一番多かったのが第5回「カメラを使った画像処理プログラミング」でした。
特に、Webカメラを使ったプログラミングは、カメラで写真を撮り、メッセージを送れる簡易SNSで、こども達もワクワクした感が講座を行っているのを見学し実感しました。
(くわしく見る)


2016/9/5 月曜日

28年度第5回 「カメラを使った画像処理プログラミング」アンケート結果

【12名より回答】

■今回の面白度は  95.0% でした。

■面白かった事・楽しかった事

・写真を撮って、文章を書いて、前の画面にのせるのが楽しくて、他の人も面白いことを書いていたから。
・カメラで写したり、写真を撮ったこと。
・カメラで撮った写真が画面に映ったこと。
(くわしく見る)


2016/9/4 日曜日

H28年度こども科学探検団修了式

Filed under:平成28年度活動報告 — admin

カメラを使った画像処理プログラミングの講座の後、団員16名の修了式を開催しました。
修了式の様子(16:00-16:05)
こども科学探検団
1か月間全5回がんばったこども達に、修了証を授与しました。

(くわしく見る)


2016/9/3 土曜日

28年度第5回 「カメラを使った画像処理プログラミング」 2016/09/03(Sat)

Filed under:平成28年度活動報告 — reporter1

今年のこども探検団もいよいよ最終回となりました。

これまで学習してきたPythonと人感センサーを使って防犯カメラ作りに挑戦します。

タイトルはじめの様子
今日の新しいアイテムは…

WebカメラWebカメラ
そうです、Webカメラです。カメラを受け取ってさっそくRaspberryPiに接続します。

(くわしく見る)


2016/8/28 日曜日

28年度第4回 「ラズベリーパイでハードウェアを制御する」アンケート結果

【13名より回答】

■今回の面白度は  92.3% でした。

■面白かった事・楽しかった事

・LEDを光らせたり、みんなで同時に光らせてそれを映し出して下のバーをいっぱいにしたりするのが楽しかった。
・数字がたくさん出てきて計算してくれること。
(くわしく見る)


2016/8/27 土曜日

28年度第4回 「ラズベリーパイでハードウェアを制御する」 2016/08/27(Sat)

Filed under:平成28年度活動報告 — reporter1

こども探検団も残すところあと2回となりました!今日は新しく「Python(パイソン)」というプログラム言語を学びます。

RaspberryPiの「パイ」はパイソンの「パイ」なんですって。RaspberryPiとパイソンは仲良しなのです。

あいさつラズベリーパイを起動
Scratchでは用意されたパーツを並べるだけでプログラムが完成します。Pythonは文字を入力するのがちょっと大変ですが、Scratchよりもできることがたくさんあるんですね。

(くわしく見る)


2016/8/7 日曜日

28年度第3回 「Scratchでプログラムのしくみを知る」アンケート結果

【14名より回答】

■今回の面白度は  91.4% でした。

■面白かった事・楽しかった事

・ラズベリーパイで動きなどをプログラミングするのが面白かった。
・プログラムして、LED、人感センサーとネコを連動させたこと。
・LEDをネコが動くと動く(光る)ようにするのが楽しかったです。
(くわしく見る)


2016/8/6 土曜日

28年度第3回 「Scratchでプログラムのしくみを知る」 2016/08/06(Sat)

Filed under:平成28年度活動報告 — reporter1

こども科学探検団の3回目は「Scratchでプログラムのしくみを知る」です。前回組み立てたRaspberryPiにLEDのランプや人感センサーを追加して、プログラムからパーツの動きをコントロールする仕組みを学びます。

今日追加するさまざまなパーツです。

パーツ人感センサーLED組立1
新しいパーツを受け取ります。興味津々。

パーツ1パーツ2パーツ3
「LEDのプラスとマイナスを間違わないように」「1番の端子は電源なのでここは最後に接続しよう」といった先生のアドバイスを聞きながら、RaspberryPiとブレッドボードをつないでいきます。

(くわしく見る)


2016/8/5 金曜日

28年度第2回 「世界に一つだけのオリジナル時計を作ろう!」 アンケート結果

【16名より回答】

■今回の面白度は  90.0% でした。

■面白かった事・楽しかった事

・時計作り全部。
・色々な部品を組み立てて、完成したこと。
(くわしく見る)


2016/8/4 木曜日

28年度第2回 「世界に一つだけのオリジナル時計を作ろう!」

Filed under:平成28年度活動報告 — admin

こども科学探検団 の17名のこども達が、セイコーエプソン(株)塩尻事業所の協力のもと、「世界に一つだけのオリジナル時計を作ろう!」を行いました。

当日の様子(13:00-15:50)

こども科学探検団こども科学探検団
お世話になる先生方の紹介から、本ワークショップがはじまりました。
机の上には、時計作りの工具が並んでいました。

(くわしく見る)


2016/7/24 日曜日

28年度第1回 「ラズベリーパイを作ろう」アンケート結果

【16名より回答】

■今回の面白度は  93.8% でした。

■面白かった事・楽しかった事

・プログラミングをして、ネコやネズミ、タコが動いて、ゲームを作るのが面白かった。
・組み合わせるとどうなる?と考えるのが楽しかった。
(くわしく見る)


2016/7/23 土曜日

28年度第1回 「ラズベリーパイをさわろう!」 2016/07/23(Sat)

Filed under:平成28年度活動報告 — reporter1

今年もこども科学探検団が始まりました。小学5、6年生を対象に9月の初めまで、全5回のカリキュラムです。昨年と同様に、ものづくり教室「世界で一つだけのオリジナル時計を作ろう!」とRaspberryPi(ラズベリーパイ)を使ってプログラミングとハードウェア制御を体験します。

カリキュラム
期待と緊張が入り混じる第1回目の今日は、16名の仲間が参加してくれました。

開校式
「最近夢中になっていること」を聞いてみると…「パソコン動画を見ること」というこどもがたくさんいましたね。みなさん日常的にパソコンに触れているようです。他には「宇宙の本を読む」「手芸」などなど、好きなことをインターネットで調べて、どんどん自分の興味を深めていってほしいと思います。

講師はCode for Shiojiriのみなさん。こども科学探検団の卒業生もサポートに駆けつけてくれました。
Code for Shiojiri
(くわしく見る)


2016/6/20 月曜日

科学探検団NEXT(Rubyプログラミング教室(導入編))アンケート結果

【25名より回答】

■今回の面白度は  83.6% でした。(n=23 100%面白かった子 9名)

■面白かった事・楽しかった事は何ですか

・Rubyの条件分岐や繰り返しの構文が面白かった。
・プログラミングを作り終えたときの結果
・自分がパソコンを使ってプログラムを作れた事
・プログラミングがスムーズに出来た事
・色々なコマンドを覚えられたから楽しかった
・四則演算
(くわしく見る)


2016/6/19 日曜日

科学探検団NEXT(Rubyプログラミング教室(導入編))

Filed under:平成28年度活動報告 — admin

平成28年6月19日(土),20日(日)の両日、塩尻インキュベーションプラザ2階において、科学探検団NEXTを3年ぶりに再開しました。
今年は、Ruby言語を用いた、プログラミング教室(導入編)を開講しました。
科学探検団NEXT
【両日の様子】(13:30-16:30)

今年は、両日で25名の中学1,2,3年生が参加しました。

(くわしく見る)


2016/6/11 土曜日

塩尻市こども科学探検団(シーズン12) 募集案内

Filed under:平成28年度活動報告 — admin

こども科学探検団(2016) 募集案内

こども科学探検団
◆ 目的
ものづくりの見学・体験を通じ、科学や工業を楽しみながら学んでもらいます。
実際にものを組み立ててつくったり、もののしくみを考えたり、
今までにやったことのないこと、知らなかったことが体験できます。
さあ、ものづくりの楽しさを最先端の科学技術を体験してみよう!

今年度のこども科学探検団は、例年好評をいただいていたものづくり教室「世界で一つだけのオリジナル時計を作ろう!」と、昨年に引き続き、RaspberryPi(ラズベリーパイ)を使った、プログラミング、ハードウェア制御をシリーズで開催します。

私たちの生活に深くかかわっているコンピュータですが、ハードウェアの高性能化とソフトウェアの抽象化が進み、深く理解していなくとも使えて便利になった反面、現在ではコンピュータを制御するための電子工作やプログラミングを体験する機会が少なくなった事も事実です。

Raspberry Pi(ラズベリーパイ)はラズベリーパイ財団が開発したハードウェア制御も可能な名刺サイズの教育用コンピュータです。このコンピュータを使って、子どもたちにコンピュータの基本知識と、プログラミングの技術を体験しながら学んでいくワークショップを行います。
◆開催内容
※ 各日程と内容について変更がある場合もございます。
※ ラズベリーパイシリーズは、保護者の方も見学ができます。

回数

日程

会場

内容

第1回 7/23(土)
13:00~16:00
市民交流センター
えんぱーく401
開講式/ラズベリーパイをさわろう!
第2回 8/4(木)
13:00~16:00
セイコーエプソン(株)塩尻事業所 世界で一つだけのオリジナル時計を作ろう!
第3回 8/6(土)
13:00~16:00
市民交流センター
えんぱーく401
Scratch(スクラッチ)でプログラムのしくみを知る
第4回 8/27(土)
13:00~16:00
市民交流センター
えんぱーく401
ラズベリーパイでハードウェアを制御する
第5回 9/3(土)
13:00~16:00
市民交流センター
えんぱーく401
カメラを使った画像処理プログラミング/修了式
◆対象  塩尻市内在住の小学生5年生・6年生(辰野町在住の両小野小学校の生徒も含む) (くわしく見る)


2016/5/28 土曜日

科学探検団NEXT(シーズン8) 募集案内

Filed under:平成28年度活動報告 — admin

Ruby(ルビー)は、島根県在住のまつもとゆきひろさんにより開発され、気軽に楽しく、かつ実用的なプログラムを書くことを目的としたプログラミング言語です。
科学探検団NEXT では、塩尻市内中学生(両小野中学校を含む)を対象として、Ruby を用いたプログラミング教室を開催します。
本講座でプログラミングの手法を学び、ご帰宅後もパソコンで引き続きご使用できますので、この機会にぜひご参加ください。
本講座では、実際にRuby でプログラムを書いて実行しながら、テキスト処理に重点を置いたプログラミングを学びます。
最終的には、“そこそこ” 実用的なプログラムや、簡単なゲームが作れるようになることを目指します。

◆日時
6月18日(土) 13時30分~16時30分
6月19日(日) 13時30分~16時30分
※土曜日と日曜日は同じ内容になります。どちらか都合のよい日を選んでご参加下さい。
◆会場 塩尻インキュベーションプラザ(塩尻市大門八番町1-2)
◆講師 (株)シオラボ
◆対象 塩尻市在住の中学生(両小野中学校も含む)
◆定員 各日とも先着15名(先着により定員になり次第お申し込みを終了させて頂きます)
◆参加費 500円(開催当日にご持参下さい)
◆申込方法 「参加者氏名(ふりがな)・住所・電話番号・中学校名・学年・性別・生年月日・保護者氏名(ふりがな)・参加希望日」を明記の上、官製はがきまたは、 下記募集案内をダウンロードの上FAXにてお申込み下さい。
電子メールでの申し込みは、本文に、「参加者氏名(ふりがな)・住所・電話番号・中学校名・学年・性別・生年月日・保護者氏名(ふりがな)・参加希望日」をご記入の上、mail.pngまで送信下さい。

科学探検団NEXT  科学探検団NEXT募集案内・申込書
◆主催
塩尻商工会議所

◆共催
塩尻市・(株)シオラボ
◆その他
受講の様子を写真撮影し、科学探検団NEXTのPR活動に利用させていただきます。

HTML convert time: 0.154 sec.
塩尻商工会議所 こども科学探検団 係 Tel:0263-52-0258 Fax:0263-51-1388